宅建士向けeラーニング通信講座|おすすめ人気3講座を徹底比較

宅建士向けeラーニング通信講座|おすすめ人気3講座を徹底比較

宅地建物取引士(宅建士)は、不動産取引法務の専門家を示す国家資格であり、毎年、約20万人が受験する“超”人気資格です。

宅建士はビジネス系資格の中でも有数の人気資格であることから、毎年、学生・社会人・主婦など属性や性別を問わず多くの受験生が集まります。

宅建士試験は、近年の合格率が約15~17%、合格点が31~37点(50点満点)と、なかなかの狭き門です。

 

宅建士資格は欲しいけど、自分は独学に向いてないしモチベーションもきっと続かない、かといって専門学校に通うお金も時間もない…。

もしあなたがそんなふうに考えているなら、最近話題のeラーニング通信講座がおすすめです。

今回の記事では、数ある宅建士向けeラーニング通信講座の中でも人気の3講座を徹底比較し、タイプ別のおすすめ通信講座をご紹介します。

あなたにピッタリの通信講座がきっと見つかるはずです♪

 

スポンサーリンク

eラーニング通信講座のおすすめ理由

通信講座のメリットと言えば、いつでもどこでも自分のペースで学習できること受講料が格安に設定されていることです。

特に近年は、従来からの通信講座の学習スタイルに加え、WEBやスマホアプリを使ったeラーニング付きの講座が登場し、通信講座の利便性はますます高まっています。

スマホやPCを使って学習できるeラーニングは、スキマ時間を有効活用できるので、就職・転職・キャリアアップに役立つ資格を取得したい学生・社会人・主婦にとって最適な学習形態です。

 

スポンサーリンク

宅建士向けeラーニング通信講座を徹底比較

宅建士は"超"人気資格なので、多くの資格スクールが通信講座を開講しています。

そのため、正直どの講座がいいのか迷ってしまいます。

 

現在、宅建士向けeラーニング通信講座を受講するなら、『資格スクエア』『フォーサイト』『ユーキャン』の人気3講座がおすすめです。

いずれも、実績・コスパ・口コミの評判など申し分ありません。

『資格スクエア』はITとAIを活用した独自の学習メソッドが魅力です
資料請求(無料)
『フォーサイト』は高い合格率教育訓練給付金対象全額返金保証制度が魅力です
資料請求(無料)
『ユーキャン』は教育訓練給付金対象見やすいテキスト充実サポートが魅力です
案内資料のご請求

 

今回は、これら各講座の講義の質や受講料など徹底比較し、それぞれメリット・デメリットなどの特徴を解説します。

ぜひあなたの講座選びの参考にしてください。

 

資格スクエア|ITとAIを活用した独自の学習メソッドが魅力!

資格スクエアは、わずか3年で会員数が28,000人を突破した新進気鋭の資格スクールです。
資格スクエアの特徴は「未来問」などITやAI(人工知能)を活用した独自の学習メソッドにあり、特に机に向かう時間のない方におすすめです。
公式サイトへ

資格スクエアの宅建講座の特徴を◎×△で評価

日本初のAIが試験問題を予測する『未来問』を開発。第一弾の宅建試験(2018年10月)で出題的中率78%(合格ラインをクリア)し各種メディアで話題となりました。
オリジナルテキストはオールインワンタイプ(テキスト+問題集)で、問題演習→解説→要点整理へと導きます。
講義中に表示されるオンラインレジュメには、マーカーを引いたり、付箋を貼ったり、メモしたりできます。条文にはリンクが貼られており、条文の全文をその場でチェックできます。
質問は、講義動画の画面にある「質問する」ボタンを押してその場で質問できます。質問回数は無制限です。充実したサポートです。
×教育訓練給付制度の対象ではなく、受講料もやや高めです。

受講料

講座名宅建未来問合格パック
受講料69,800円(税込)

 

↓資格スクエアの無料資料はこちら↓
資料請求(無料)

 

フォーサイト|教育訓練給付金対象&高い合格率&臨場感ある講義動画と低価格が魅力!

フォーサイトは「オリコン顧客満足度ランキング」の「通信講座 宅建」の第1位で、全国平均の4.54倍という驚異の合格率を誇ります(2018年度)。
フォーサイトの宅建士講座の魅力は、教育訓練給付金対象高い合格率臨場感ある講義動画です。
公式サイトへ

フォーサイトの宅建士講座の特徴を◎×△で評価

専任講師による講義動画は、まるで講師とマンツーマンで学習しているような臨場感と緊張感があると好評です。
こだわりのフルカラーテキストは、見やすくわかりやすいと好評です。
すべての教材をパソコンやスマートフォンで利用できます。
教育訓練給付制度が使え、学費の20%がハローワークから給付されます。
全額返金保証制度により、万一不合格なら受講料は0円に。
質問はメールのみです。回数制限があります。

受講料

講座名宅建講座
バリューセット1 2019年試験対策
(基礎+過去問講座)
受講料59,800円(税込・送料別)

 

↓フォーサイトの無料資料はこちら↓
資料請求(無料)

 

ユーキャン|教育訓練給付金対象&見やすいテキスト&充実サポートが魅力!

”生涯学習”でおなじみのユーキャンです。
講座数100超のユーキャンの中でも、宅建士講座はトップ10に入る人気講座です。
ユーキャンの宅建士講座は、教育訓練給付金対象見やすいテキスト充実サポートにより、特に初心者におすすめです。
公式サイトへ

ユーキャンの宅建士講座の特徴を◎×△で評価

通信教区業界最大手であるユーキャンには、ここなら間違いないという安心感があります。
マンガやイラストを多用したテキストは読みやすく、勉強慣れしていない方でも無理なく学習を進めることができます。3分冊ありますが、一冊一冊が薄いのでボリューム感はありません。
スマホやPCを利用したeラーニング「合格デジタルサポートパック」も利用できます。
教育訓練給付制度が使え、学費の20%がハローワークから給付されます。
質問はメールと郵便どちらでも可、回数制限は基本的になしなど、サポートが充実しています。
×標準学習期間が6ヶ月と長めです。

受講料

講座名宅地建物取引士(宅建士)講座
合格デジタルサポートパック
受講料63,000円(税込み・送料なし)

 

↓ユーキャンの無料資料はこちら↓
案内資料のご請求

 

スポンサーリンク

まとめ

スマホやPCを使って学習できるeラーニングは、スキマ時間を有効活用できるので、忙しい学生・社会人・主婦にとって最適な学習形態です。

今回は、数ある宅建士向けeラーニング通信講座の中から、人気の『資格スクエア』『フォーサイト』『ユーキャン』の3講座を厳選し、さらに講義の質や受講料など徹底比較しました。

講座それぞれに特徴があるので、自分好みの講座を見つけて、目標である宅建士合格を勝ち取りましょう!

 

でも、何万円もする通信講座に申し込むのはちょっと勇気がいりますよね。

あとで後悔しないよう、まずは無料の資料請求をしてみましょう。

迷ったら複数講座に資料請求しての比較検討がおすすめです。

『資格スクエア』はITとAIを活用した独自の学習メソッドが魅力です
資料請求(無料)
『フォーサイト』は高い合格率教育訓練給付金対象全額返金保証制度が魅力です
資料請求(無料)
『ユーキャン』は教育訓練給付金対象見やすいテキスト充実サポートが魅力です
案内資料のご請求

コメント

タイトルとURLをコピーしました