行動経済学

投資家の心理

【保存版】投資家が知っておくべき行動経済学13選|FX必勝法まとめ

FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。行動経済学の見地から、私たちが絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。この記事が、投資家であるあなたの運用成績UPに必ず役立つと確信しています。いっしょに頑張りましょう!
2019.08.15
投資家の心理

少数の法則|FXで少数事例だけで決めつけてしまう心理と回避方法

私たちの心理には、無意識のうちに「少数の法則」が働き、少数のサンプルから得たパターンに意味があると信じ込みがちです。統計学的にも、私たちは間違った結果を信じてしまう可能性が高いのです。回避するには、MT4を使って十分なサンプル数を集めて検証しましょう。
2019.07.06
投資家の心理

罰への欲求|FXで勝ち続けるとなぜ不安になるのか?その心理と対策

私たちは、良いことが続けて起きたあと、何か悪いことが起きるのではないか、悪いことが起こってほしいという心理になってしまいがちです。人間は無意識に、人生には良いことと悪いことがバランスよく起こるものだと認識しているので、良いことばかりが続くと不安を感じるのです。
2019.07.06
投資家の心理

認知的不協和|FXで無理やり自分を正当化してしまう心理と回避策

自分の考えと対立するまっとうな意見に直面したとき、私たちは、その不快感を解消するため、ついその場しのぎに自分を正当化しがちです。認知的不協和による不快感を解消する方法として、私たちは、つい心理的に負担が少ない方を選んでしまうからです。
2019.07.06
投資家の心理

自己奉仕バイアス|FXで失敗を他人のせいにしてしまう心理と回避策

成功は自分の手柄で、失敗は他人のせいだとする考え方です。「自己奉仕バイアス」の発生原因は、自分のプライドを維持したい、他人に好印象を与えたい、そんな心理にあると言われています。負けたときに自省しなければ、経験や知識が蓄積されず、いつまでたっても初心者同然です。
2019.07.06
投資家の心理

現在バイアス|なぜ貯金できない?その心理と貯める秘訣

FX資金として〇〇万円貯金すると決心したのに、決心を先のばしにし、目先の満足を優先させてしまいがちです。私たちの心理には、無意識のうちに「現在バイアス」が働いているので、思うように貯金できないのです。 決心の先のばしは、もちろん合理的な判断ではありませんが、私たちは目先の利益を優先させてしまうのです。
2019.07.06
投資家の心理

確証バイアス|FXで都合のいい情報だけを集めてしまう心理と対策

「確証バイアス」とは、自分に都合のいい情報だけを集めて、自分の先入観を強化することです。FXでもよく見られます。エントリーしようと思って情報を集めるとき、ここでエントリーすれば勝てると考えているわけですから、その考えを証明する情報ばかりを集めてしまいます。
2019.07.06
投資家の心理

ギャンブラーの誤謬|FXで「次こそ」と思い込んでしまう心理と対策

「ギャンブラーの誤謬」とは、自分の主観や経験などから、確率論に基づいた予測がゆがめられてしまう心理現象です。人間は、無意識に「ギャンブラーの誤謬」におちいってしまうので、「そろそろ」や「次こそ」などの勝手な思い込みだけでエントリーしてしまいがちです。
2019.07.06
投資家の心理

部分強化|FXでなぜポジポジ病にかかるのか?その心理と克服方法

「ポジ」とはポジションのことで、ただポジションを構えたくて仕方がない、手持ちポジションがない状態を我慢できない、そんな心理状態のことです。そのままでは、いつか大損してしまいます。ポジポジ病になる理由は、「部分強化」で説明できます。
2019.07.06
投資家の心理

サンクコスト効果|FXでなぜナンピンするのか?その心理と回避策

ナンピンが間違った判断だとわかっているのに、ついしてしまいます。「サンクコスト効果」の原因は「もったいない」という心理です。過去の投資を惜しんで「もったいない」と思ってしまう心理が、現在も投資を続けてしまう原因になっているのです。
2019.07.06
タイトルとURLをコピーしました