資格受験生必見!燃え尽きの心理と対策【バーンアウト症候群】

バーンアウト効果

 

資格試験、大学や高校受験などの受験生にとって、一番の敵は「自分の心理」です。

受験勉強は辛いので、受験生は、あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の効率を低下させてしまうからです。

こうした負の心理になってしまう原因や解決方法は、心理学が教えてくれます

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バーンアウト症候群とは?

あなたは、「バーンアウト症候群」を知っていますか?

日本語で言えば「燃え尽き症候群」です。

こっちなら、かつて社会問題になって注目されたこともあるので、聞いたことがあるのではないでしょうか。

「バーンアウト症候群」とは、それまでひとつの目標に集中し、達成に向けて全力を注いできた人が、ある日突然、情熱や意欲を失い、無気力になってしまう心身症状です。

 

過度のストレスにより発生することやその症状から、うつ病の一種とも考えられています

 

医師、看護師、教師などの対人援助の職種によく見られる症状ですが、一般の会社員、主婦、学生などにもよく見られます。

合格という目標に集中して全力で勉強してきた受験生は、「バーンアウト症候群」にかかりやすいと言われています。

さらにやっかいなのは、目標を失った受験後だけでなく、受験直前期にもかかりやすいことです。

 

ですから、私たち受験生は、「バーンアウト症候群」について、その症状や予防法をよく理解し、万が一に備えておく必要があるのです。

 

バーンアウト症候群の症状

「バーンアウト症候群」になると、情熱や意欲を失い、無気力になってしまいます。

そのため、がんばって勉強しようという意欲がわいてこない、単純ミスが増える、ミスをしても別に何も感じないようになります。

対人関係では、人と接触することが面倒になり、人と会うことを避けて1人でいたいと思うようになり、自室に引きこもることが多くなります。

さらに、寝つきが悪くなり、眠りも浅くなり、飲酒量も多くなります。

 

バーンアウト症候群の予防法

燃え尽きの兆候に早めに気づくことが大切です。

一気に燃え尽きるのではなく、上記の症状は段階的に出てくるものなので、早めに対処することが望ましいからです。

 

兆候に気づいたときは、自身の生活様式を見直して、セルフケアを行いましょう。

受験勉強から離れて、趣味、スポーツ、飲み会、家族や友達とのおしゃべりなどの時間を持つことも効果的です。

勉強で悩んでいるのであれば、一人で抱えずに仲間に相談しましょう。

 

まとめ

合格という目標に集中して全力で勉強してきた受験生は、「バーンアウト症候群」にかかりやすいと言われています。

「バーンアウト症候群」になると、情熱や意欲を失い、無気力になってしまいます。

 

そうならないためには、燃え尽きの兆候に早めに気づくことが大切です。

兆候に気づいたときは、自身の生活様式を見直して、セルフケアを行いましょう。

 

あなたが資格取得を考えているなら、この記事が必ず役に立つと確信しています。

頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました