FX初心者必見!「高値掴みの安値売り」をしてしまう心理と対策【アンカリング効果】

 

FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。

この合理的でない心理や、そんな心理のワナにはまらないための対策は、人間の行動の不合理さに着目した行動経済学から学ぶことができます。

 

「安く買って高く売る」と「高値掴みの安値売り」

高値掴みの安値売り!

あなたもやってしまった経験ありませんか?

 

私はよくやってしまいます。

ちゃんとタイミングを見計らってエントリーしたつもりなのに、成約するや否や、あっという間に反転し、あれよあれよと下落し続けて含み損が膨らんでいきます。

結局、あきらめて損切りすると、今度はそこが底値となって反転していく。

まるで、私はFXの神様に嫌われていて、意地悪でもされている、そんな気さえしてきます。

 

FXで勝つためには、「安く買って高く売る」ことが必要です。

そのために、私たちは、経済ニュース、為替チャートなどから多くの情報を収集し、分析します。

そして、ここぞと判断したときに、あるときはエントリー注文を出し、またあるときは決済注文を出しています。

 

「高値掴みの安値売り」をしてしまう心理~アンカリング効果~

それなのに、私たちは、「安く買って高く売る」の逆の「高値掴みの安値売り」をどうしてもしてしまいます

一体なぜなのでしょう?

 

それは、人間は必ずしも合理的に行動できないからです。

私たちが「高値掴みの安値売り」をしてしまう理由は、「アンカリング効果」で説明できます。

 

アンカリング効果

「アンカリング効果」とは、はじめに提示された数字や情報がアンカー(基準)となって、その後の判断が無意識に左右されてしまう、という心理効果です。

 

語源は、船のアンカー(いかり)です。

アンカーを海底におろした船は、その届く範囲でしか動けないことから、「アンカリング効果」と名づけられました。

さまざまな思い込みや勘違いによって思考(判断)が偏ってしまうことを「認知バイアス」と呼びますが、「アンカリング効果」はその一例です。

消費者心理を操作するテクニックとして、マーケティングや営業の現場で、よく使われています。

 

古本の実験

以下は、「アンカリング効果」がよくわかる実験例です。

 

一冊の古い本があります。

第一印象で判断して、この本は10,000円より高いと思いますか? 安いと思いますか?

それでは、この本の値段はいくらぐらいだと思いますか?

あなたの考えた値段に近いものを選んでください。

A:12,500円
B:7,500円
C:2,500円

 

あなたの答えは「A」か「B」ではないですか?

なぜなら、最初に「10,000円」が提示されたため、「10,000円」がアンカーとなり、値段を考えるときに10,000円に近い値段を考えやすくなったからです。

 

なので、もし最初の質問が「この本は1,000円より高いと思いますか? 安いと思いますか?」であったなら、「1,000円」がアンカーとなり、あなたの答えは「1,000円」に近い「C」になったはずです。

 

つまり、
アンカーが10,000円なら「A」や「B」に、
アンカーが1,000円なら「C」に、
まったく同じ本でも、私たちの考えはまったく違う価格水準に導かれてしまうのです。

 

「アンカリング効果」を上手く使えば、売り手は、自分が望んだ値段に買い手の心理を誘導できるのですから、恐ろしい話です。

 

「高値掴みの安値売り」をしてしまう心理

さらに恐ろしい話をします。

 

もし、アンカーが間違った思い込みの金額だとしたら…

 

例えば、市場において、ここ数ヶ月ずっと110円付近にいたドル円相場が100円まで下落したとします。

このとき、110円がアンカーになっている多くの投資家から見ると、今の100円は値ごろ感があり、急いでロングポジションを構えてしまいたくなります。

しかし、この110円が間違った思い込みのアンカーであれば、このまま相場の下落は止まりません。

もしロングポジションを構えてしまっていれば、最終的には「高値掴みの安値売り」になっていたことでしょう。

 

こうして、私たちは、間違った思い込みのアンカーに影響を受けてしまい、「高値掴みの安値売り」をしてしまうのです。

 

「安値掴みの高値売り」を回避するための対策

では、「高値掴みの安値売り」を避けるには、どうすればいいのでしょう?

 

そもそも、人間は無意識のうちにアンカーにとらわれてしまうものなので、アンカーを取り外そうと思っても難しいです。

もし取り外せたとしても、すぐ別のアンカーにとらわれてしまうでしょう。

 

ならば、間違った思い込みによるアンカーではなく、相場状況を正しく反映したアンカーを持てばいいのです。

 

そのための具体的な方法として、

普段使っているチャートとは別に、新たに、より時間軸の長いチャートも見るようにします。

 

例えば、もしあなたが、

普段使っているチャートが5分足なら、普段から、より長い30分足や1時間足のチャートも見るようにします。

普段使っているチャートが1時間足なら、普段から、より長い4時間足や日足のチャートも見るようにします。

普段使っているチャートが日足なら、普段から、より長い週足や月足のチャートも見るようにします。

 

時間軸の長いチャートは、ブレなどの細かい動きが排除されるので、短いものよりも価格水準やトレンドの方向がわかりやすいです。

なので、時間軸の長いチャートも見ることで、相場状況を正しく反映したアンカーを持つことができます。

 

まとめ

私たちの目標は、「安く買って高く売る」ことです。

それなのに、私たちは無意識に、間違った思い込みによるアンカーで判断してしまうため、「高値掴みの安値売り」をしてしまいます。

 

ならば、時間軸の長いチャートを使って、間違った思い込みによるアンカーではなく、相場状況を正しく反映したアンカーを持ちましょう。

このような合理的な行動こそ、FXで安定的に利益をあげ続けるコツなのです。

 

行動経済学の見地から、私たち投資家が絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。

【保存版】投資家が絶対に知っておくべき心理効果13個【投資の必勝法】
FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。行動経済学の見地から、私たちが絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。この記事が、投資家であるあなたの運用成績UPに必ず役立つと確信しています。いっしょに頑張りましょう!

もしあなたが、MT4をリアル口座で稼働しようと考えているなら、XMTradingがおすすめです。
XMは、海外FX業者の中で、日本人による口座開設数No.1、豊富な入出金方法、24時間対応の日本語サポートなどにより、日本人でも安心して利用できます。

XMの口座開設はこちらから

投資家の心理

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント