経産局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態

経産局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態

 

「国家公務員一般職」採用試験の一次試験(筆記)に合格すると、受験生は、合同説明会や官庁訪問に参加し、志望する官庁を絞っていくことになります。

公務員になることが目標の多くの受験生は、筆記試験対策だけ一生懸命になってしまいがちですが、「どの官庁に就職するか」が一番大事であり、もっと重視すべきです。

 

公務員にはさまざまな職種や組織があり、それぞれの職場でまったく異なる特徴があります。中には、民間企業顔負けのブラックな職場だってあります。

「自分が何をしたいのか」も大事ですが、残業や転勤などの勤務実態も合わせて検討し、どの官庁に行くかを決めるべきです。

 

今回は、経済産業事務官から見た「経済産業局」の職場実態を紹介します。

これらの情報は、私が個人的に、現役やOBなどの関係者から聞いた生の声です。

合同説明会や官庁訪問ではしょせん上っ面しか見えません。

経済産業局は果たしてブラックなのかホワイトなのか、外からはなかなか見えない本当の姿をお話しします。

経済産業局に入るためには

経済産業局に入るためには、「国家公務員一般職」採用試験に合格し、経済産業局の採用面接を受けて内定をもらわなければなりません。

手続きの流れを示せば、以下のとおりです。

国家公務員一般職採用試験(一次試験 ⇒ 官庁合同業務説明会・官庁訪問 ⇒ 二次試験)⇒ 経済産業局の採用面接 ⇒ 内定・採用

 

経済産業局ってブラック?

経済産業局とは?

経済産業局は経済産業省の地方出先機関です。

全国に8経済産業局(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州)があり、国家公務員一般職採用試験の合格者は、試験を受けた地域の経済産業局の採用面接を受けることができます。

なお、沖縄県は、経済産業局の管轄ではなく、内閣府の沖縄総合事務局の管轄になります。

中小企業支援、省エネルギー対策、消費者保護、新規事業創出といったさまざまな業務を行う官庁です。

 

経済産業局って残業は多いの?

経済産業局は、他の官庁に比べて、残業は少ないと言われています。

その証拠に、合同庁舎には多くの官庁が入居していますが、経済産業局のフロアは他フロアより早く電気が消えると言われています。

もちろん、中には本当に忙しい部署もあるし、時期によって忙しい部署もあります。

また、残業手当には上限(月○○時間まで)があるそうです。なので、もし上限を超えて残業をしたとしても、タダ働き(サービス残業)になってしまうそうです。

 

経済産業局では転勤はあるの?

経済産業局には出先機関はないので、転勤は基本的にはありません。

マイホーム購入など生活の基盤を定めやすく、転勤については、もっとも恵まれた官庁と言えるでしょう。

ただし、まったく転勤が「ない」わけではなく、若手の頃に一度だけ霞が関(経済産業本省)への転勤があるそうです。

若手の独身時代に2年間限定で東京勤務、人によるでしょうが、私は魅力的だと思います。

 

その他の経済産業局の口コミ情報

  • 許認可事務や補助金交付事務など、基本的には企業を相手にする仕事が多いという印象です。
  • 新規事業創出やベンチャー支援など企業とタッグを組んで取り組むような仕事も多くあります。これからの産業や企業のお手伝いをする仕事は、非常におもしろく、やりがいを感じるそうです。
  • 一方、一般市民の相手をするような窓口業務はありません。なので、最近多いクレーマーなどに絡まれることもありません。

 

まとめ

以上、国家公務員一般職(いわゆるノンキャリ)の人気官庁「経済産業局」の職場実態を紹介しました。

現役やOBなどの関係者から個人的に聞いた生の声であり、たぶんこれが経済産業局の本当の姿でしょう。

 

経済産業局は、残業が少なく、転勤もほとんどなく、窓口業務もありません。

職場実態からは、あらゆる官庁の中で、もっともホワイトな職場だと思います。

当然、非常に人気が高く、多くの受験生が入庁を希望しています。

もし経済産業局を志望するのなら、経済産業局は相当に狭き門です。国家公務員一般職採用試験で上位の成績で合格するぐらいしなければなりません。

頑張りましょう!

 

国家一般職の試験情報と各官庁の職場実態

近年は公務員試験の競争率が下がってきており、公務員試験は今が狙い目です。

公務員試験の中でも特に人気の「国家公務員一般職採用試験」について、みんなが知りたい情報をまとめました。

いろいろな官庁の職場実態も紹介しています。

今が狙い目!国家公務員採用一般職試験と気になる官庁の職場実態
人気の公務員試験の中でも「国家公務員一般職採用試験」は特に人気です。新卒者だけでなく、転職を目指す社会人も多く集まってきます。試験の概要や各官庁の職場実態など紹介します。競争率が一時期に比べると下がってきており、ハッキリ言って今が狙い目です。

コメント