国税局ってブラック?|パンフレットや職場訪問ではわからない職場実態

国税局ってブラック?|パンフレットや職場訪問ではわからない職場実態

人気の公務員試験の中でも、「国税専門官」試験は、「財務専門官」試験や「国家公務員一般職」採用試験と並んで特に人気が高い試験です。

 

「国税専門官」試験は難しいので、受験生の多くは、筆記試験対策だけに一生懸命になってしまいがちです。

しかし、本当に大事なことは、就職先となる「官庁選び」であり、もっと重視すべきです。

公務員にはさまざまな職種や組織があり、それぞれの職場でまったく違った風土や環境があります。中には、民間企業顔負けのブラックな職場だってあります。

残業や転勤などの勤務実態も合わせて検討し、どの官庁に行くかを決めるべきです。

 

今回は、国税専門官から見た「国税局」の職場実態を紹介します。

これらの情報は、個人的に、現役やOBなどの関係者から聞いた生の声です。

パンフレットや職場訪問ではしょせん上っ面しか見えません。

国税局は果たしてブラックなのかホワイトなのか、なかなかわからない本当の姿をお話しします。

国税局に入るためには

国税局に入るためには、「国税専門官」試験に合格しなければなりません。

試験日程は、例年、以下のとおりです。

  • 6月上旬 一次試験
  • 7月中旬 二次試験
  • 8月下旬 最終合格発表

なお、「国税専門官」試験と「財務専門官」試験は、日程が重なっているため併願できないので注意しましょう。

 

国税局ってブラック?

国税局とは?

国税局は、財務省の外局である国税庁の地方支分部局の一つです。

全国に、11国税局(札幌・仙台・関東信越・東京・名古屋・大阪・金沢・高松・広島・福岡・熊本)と1国税事務所(沖縄)があります。

税務署の管理・監察、税務署では対処出来ない大口の法人や個人の税務調査などを行っています。

 

国税局って残業は多いの?

国税局の残業については、局は不夜城と呼ばれるほど残業が多く、出先の税務署はだいたい定時で退社できる、とよく言われます。

ただし、局にも暇な(そうに見える)部署もあるし、出先の税務署にも忙しい部署もあるそうです。

また、残業手当は必ずしも満額支給されるわけではなく、場合によってはタダ働き(サービス残業)になってしまうそうです。

 

国税局には転勤はある?

国税局には出先機関として多くの税務署があるので、必ず転勤はあります。

だいたい2~3年に一度のペースで転勤があります。

転勤の範囲は、基本は局単位ですが、中には府県をまたがることもあり、単身赴任も普通にあるそうです。

他官庁と比べても、国税局の転勤事情は、あまり恵まれているとは言えないようです。

 

その他の国税局の口コミ情報

  • 税務大学で数ヶ月にわたる長期研修が何度もあります。採用後すぐに3ヶ月間、1年勤務後に2ヶ月間、2年勤務後に7ヶ月間など。
  • 昔から女性の採用者数が多く、女性が働き続けやすい環境だそうです。今は他の官庁も女性採用を増やしていますが、職場はまだ男社会のままのところが多いです。
  • 窓口や電話対応など一般市民を相手にする部署では、時にはクレーマーの相手をしなければなりません。
  • 国税専門官は、勤務年数に応じて税理士試験の科目免除特典を受けることができ、23年勤務で全科目が免除されます。難関資格である税理士がもらえることは、国税専門官だけにある大きな特典です。

 

まとめ

以上、人気官庁「国税局」の職場実態を紹介しました。

現役やOBなど関係者から個人的に聞いた生の声であり、たぶんこれが国税局の本当の姿でしょう。

転勤や残業、仕事内容などについて、国税局の良い面も悪い面も紹介できたと思います。

国税局を志望するかどうかは、これらの実態も合わせて検討して決めましょう。

もし国税局を志望するのなら、「国税専門官」試験は相当に狭き門なので、心して頑張りましょう!

 

国家一般職の試験情報と各官庁の職場実態

近年は公務員試験の競争率が下がってきており、公務員試験は今が狙い目です。

公務員試験の中でも特に人気の「国家公務員一般職採用試験」について、みんなが知りたい情報をまとめました。

いろいろな官庁の職場実態も紹介しています。

今が狙い目!国家公務員採用一般職試験と気になる官庁の職場実態
人気の公務員試験の中でも『国家公務員一般職採用試験』は特に人気です。新卒者だけでなく、転職を目指す社会人も多く集まってきます。試験情報や各官庁の本当の職場実態など紹介します。一時期に比べると競争率が下がってきており、ハッキリ言って今が狙い目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました