資格受験生必見!合格できないと決めつける心理と対策【先読みの誤り】

 

資格試験、大学や高校受験などの受験生にとって、一番の敵は「自分の心理」です。

受験勉強は辛いので、受験生は、あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の効率を低下させてしまうからです。

こうした負の心理になってしまう原因や解決方法は、心理学が教えてくれます。

 

悪い未来が待っている?

受験勉強が不調なとき、例えば、スケジュールどおり進んでいないときや、模擬テストの結果が悪かったときなど、

「自分には無理だ!」

「きっと合格できない!」

などと未来の結果を悪く決めつけてしまうことはありませんか?

 

私はありました。

そんなときは、気持ちが落ち込み、モチベーションも下がってしまい、受験勉強の調子はますます悪くなっていきます。

受験生の心理にとっては、最悪のループです。

 

合格できないと決めつける心理~先読みの誤り~

なぜこんな悪い心理のループにはまってしまうのでしょう?

 

それは、人間は必ずしも合理的に行動できないからです。

このような心理は、心理学の「先読みの誤り」で説明できます。

 

先読みの誤り

「先読みの誤り」とは、根拠なく、物事がただちに悪い結果になると決めつけてしまう思考パターンです。

 

「先読みの誤り」は、誇張的で非合理的な思考パターンである「認知の誤り」の1パターンです。

わかりやすく言えば、悪い未来が待っていると決めつけてしまう思考のクセです。

 

先読みの誤りが及ぼす効果

未来のことなど誰にもわからないのに、勝手に悪いことが起こると決めつけて、落ち込んでいるのですから、何もいいことはありません。

冒頭の話でも、受験勉強の調子が悪いことから、「先読みの誤り」の思考パターンにはまってしまい、誰にもわからない未来の合否結果を、勝手に悪く決めつけているのです。

 

さらに悪いのは、「先読みの誤り」により、悪い未来を無意識に実現しようとする場合があるのです。

例えば、上司に怒られ続けた部下は、何も悪いことをしていなくても、いつも「また怒られる」と先読みしてしまいがちです。

すると、無意識に、本当に上司に怒られることをしてしまい、怒られることで悪い未来を実現してしまうことがあるのです。

 

先読みの誤りから逃れる方法

「先読みの誤り」の思考パターンから逃れるには、どうすればいいのでしょう。

 

まずは、今自分の心理が「先読みの誤り」にはまっていると自覚することです。

この記事を読んだあなたは、今後、もし悪い未来が待っていると決めつけようとしたとき、

「これが先読みの誤りってやつか~。」

と自覚し、冷静になることができるはずです。

 

その上で、悪い未来を想像することを一旦やめましょう。

自分の意識を「未来」ではなく「今」に集中するのです。

「先読みの誤り」は、悪い未来が待っていると決めつけてしまうので、未来に集中してしまわないよう、今に集中するのです。

 

まとめ

私たちの心理は、ときに「先読みの誤り」にはまってしまい、勝手に悪い未来が待っていると決めつけてしまいます。

 

そうならないためには、まずは自分の心理が「先読みの誤り」にはまっていると自覚することです。

自覚すれば、冷静になることができます。

その上で、自分の意識を「未来」ではなく「今」に集中するのです。

 

あなたが資格取得を考えているなら、この記事が必ず役に立つと確信しています。

頑張ってください。

 

コチラに受験生が知っておくべき心理効果をまとめています。

【保存版】受験勉強に絶対役立つ心理効果8つ【資格試験】
資格試験、大学や高校受験などの受験生にとって、一番の敵は「自分の心理」です。 受験勉強は辛いので、受験生は、あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の...

コメント