FX初心者必見!都合のいい情報だけを集める心理と対策【確証バイアス】

 

FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。

この合理的でない心理や、そんな心理のワナにはまらないための対策は、人間の行動の不合理さに着目した行動経済学から学ぶことができます。

 

都合のいい情報と悪い情報

あなたは今、ドル円が近いうちに「あと〇円は上昇する」と予想していて、ロングポジションを構えようと考えているとします。

そんなとき、マーケットニュースで2つの記事を見ました。

 

記事A「今後 FRBによる大幅な利上げが予想され、景気が冷え込み、ドル円相場はこれ以上の値上がりは見込めないだろう。」

記事B「現在のアメリカの力強い好景気を背景に、ドル円相場は今から年内いっぱいまで上昇するだろう。」

 

あなたは、この正反対の2つの記事を見てどう判断しますか?

 

私なら、自分と同じ予想である記事Bを見て安心します。

自分と反対意見である記事Aは、無視してしまうでしょう。

 

しかし、私のような判断は、投資家として危険な傾向です。

 

ひょっとしたら、私の予想や記事Bは、一般的ではないレアな予想なのかもしれません。

私が無視した記事Aの方が、実はまっとうな多数意見なのかもしれません。

しかし、そうだとしても、そのことに私は気付くことはできません。

反対意見を無視していますから。

 

このままだと大損しかねません

 

都合のいい情報だけを集める心理~確証バイアス~

私たちは、どうして自分に都合のいい情報ばかり集め、反対意見を無視してしまいがちなのでしょう?

 

それは、人間は必ずしも合理的に行動できないからです。

その理由は、「確証バイアス」で説明できます。

 

確証バイアス

「確証バイアス」とは、人間は無意識に、自分の考えや意見を検証するときに、肯定的な情報ばかりを集め、否定的な情報を集めようとしない心理のことです。

 

つまり、自分に都合のいい情報だけを集めて、自分の先入観を強化するのです。

 

論理パズルの実験

ウェイソンの論理パズルの実験が有名です。

 

テーブルに4枚のカードが置かれています。

4枚とも、表面にはアルファベットが、裏面には数字が書かれていて、それぞれ「U」「B」「6」「3」の面が表を向いて置かれています。

 

仮説:表面のアルファベットが母音のカードであれば、裏面の数字は偶数である。

 

この仮説を検証するため、カードを2枚だけめくっていいとすれば、どの2枚をめくりますか?

 

正解は「U」と「3」です。

もし「U」の裏面が奇数か、「3」の表面が母音であれば、仮説は偽であることが証明できるからです。

 

実験では、回答者の多くは「U」と「6」のカードを選びましたが、「U」と「6」の組み合わせでは反証できません。

 

この結果から、多くの人は、仮説を肯定する情報ばかりを集め、反証する情報を集めようとしないことがわかります。

 

確証バイアスの具体例

血液型性格診断が有名です。

例えば、A型の人は几帳面だと言われます。

その情報を信じている人は、A型の人3人と話をしていて、1人だけが几帳面だったとしても、その1人の几帳面さばかりが目につき「やっぱりそうだ!」と思ってしまいます。

 

FXで都合のいい情報だけを集める心理

FXでも確証バイアスはよく見られます。

 

今、エントリーしようと思って情報を集めるとします。

このとき、ここでエントリーすれば勝てると考えているわけですから、その考えを証明する情報ばかりを集めてしまいます。

例えば、たまたま同じ考えのマーケットニュースがあったとか、同じ判断を示すテクニカル指標を探すとか。

 

確証バイアスから逃れる方法

どうすれば、集める情報の偏りをなくすことができるのでしょうか?

 

まずは、自分の心理に「確証バイアス」が働いていると自覚することです。

この記事を読んだあなたは、今後、もし 無意識に、自分に都合のいい情報ばかりを集めてしまったとしても、

「これが確証バイアスってやつか~。」

「確かに、否定的な情報を無視してるわ」

と自覚し、自分の心理にブレーキをかけることができるはずです。

 

その上で、ポジションを構えようと考えるときに、意識的に自分に都合の悪い情報を探す習慣をつけることです。

上昇すると予想しているときは、意識的に下落する情報を探すのです。

この習慣をつけることで、集める情報の偏りをなくすことができます。

 

まとめ

「確証バイアス」は、自分の考えや意見を正当化したいために、人間が無意識に、とってしまう行動です。

 

そこから逃れるためには、まず自分の心理に「確証バイアス」が働いていると自覚することです。

自覚すれば、自分の心理にブレーキがかかります。

その上で、ポジションを構えようと考えるときは、意識的に自分に都合の悪い情報を探す習慣をつけることで、情報の偏りをなくすことができます。

このような合理的な行動こそ、FXで安定的に利益をあげ続けるコツなのです。

 

行動経済学の見地から、私たち投資家が絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。

【保存版】投資家が絶対に知っておくべき心理効果13個【投資の必勝法】
FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。行動経済学の見地から、私たちが絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。この記事が、投資家であるあなたの運用成績UPに必ず役立つと確信しています。いっしょに頑張りましょう!

もしあなたが、MT4をリアル口座で稼働しようと考えているなら、XMTradingがおすすめです。
XMは、海外FX業者の中で、日本人による口座開設数No.1、豊富な入出金方法、24時間対応の日本語サポートなどにより、日本人でも安心して利用できます。

XMの口座開設はこちらから

投資家の心理

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント