資格受験生必見!三日坊主の心理と対策【一貫性の原理】

 

資格試験、大学や高校受験などの受験生にとって、一番の敵は「自分の心理」です。

受験勉強は辛いので、受験生は、あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の効率を低下させてしまうからです。

こうした負の心理になってしまう原因や解決方法は、心理学が教えてくれます。

 

三日坊主

資格受験することを決意し、最初はやる気満々で勉強し始めたのに、熱意が続かない。

「今日はやる気が出ないから、明日やる。」

「今日やらない分は、明日取り返せばいい。」

勉強のスケジュールがどんどん遅れていき、ついにはやらなくなってしまう。

いわゆる三日坊主ってやつです。

 

あなたにも覚えがありませんか?

 

私には何度もあります。

 

受験勉強で大事なのは、毎日の勉強の積み重ねです。

毎日コツコツ勉強を続けていって、ようやく合格に手が届くのです。

 

受験勉強が続かない心理~一貫性の原理~

どうすれば、この三日坊主から抜け出し、受験勉強をやり続けることができるのでしょう?

 

心理学では、「一貫性の原理」という心理作用があります。

 

これをうまく活用すればいいのです。

 

一貫性の原理

「一貫性の原理」とは、人間は無意識に、行動や態度、発言などについて一貫性を保ちたいと考えてしまう心理作用です。

 

人間はいい加減なようでいて、本当は真面目なのです。

一度決めたこと、言ったことは、変えようとしない性質を持っています。

 

一貫性の原理が働く原因

一貫性の原理が働く原因は、以下の2つだと言われています。

1つめは、一貫性のある人は信頼できる価値のある人であり、一貫性のない人はいい加減で価値のない人であると、社会的に考えられているため。

2つめは、脳にとって楽だから。一貫性があるということは、出来事の一つ一つを検証してあれこれ考える必要がない。

 

一貫性の原理を強く働かせる方法

では、どうすればこの「一貫性の原理」を強く働かせられるのでしょうか?

 

実は、「一貫性の原理」は、公共性を持たせることで、より強く働くのです。

 

具体的に言えば、自分一人で決意するのではなく、大勢の前で宣言するのです。

 

例えば、あなたは「禁煙する」と決意したとします。

このとき、心の中で決意するだけでは、「一貫性の原理」は強く働かないので、三日坊主になってしまいがちです。

 

そこで、家族や会社の同僚に禁煙することを宣言するのです。

宣言することにより、もし三日坊主で終わってしまえば、周りにいい加減な人だと思われてしまう、そう思われたくないという思いから、「一貫性の原理」は強く働くのです。

 

受験勉強をやり続ける方法

では、あなたは「スケジュール通り受験勉強をやり続ける」と決意したとします。

 

このとき、心の中で決意するだけでは、「一貫性の原理」は強く働かないので、三日坊主になってしまいがちです。

 

そこで、家族、友達、会社の同僚など、できるだけ大勢に「スケジュール通り受験勉強をやり続ける」と宣言するのです。

 

宣言することにより、もし三日坊主で終わってしまえば、宣言した多くの人たちに、いい加減な人だと思われてしまう、そう思われたくない、という心理が働くでしょう。

 

このように、宣言は、あなたの「受験勉強をやり続ける」という決意に「一貫性の原理」を強く働かせます。

 

まとめ

資格試験に合格するためには、効率的な勉強スケジュールを立て、そのスケジュール通り受験勉強をやり続けることが重要です。

そのために、人間に無意識に働く心理作用である「一貫性の原理」をうまく活用しましょう。

あなたの決意を宣言することにより、「一貫性の原理」はより強く働きます。

 

あなたが資格取得を考えているなら、この記事が必ず役に立つと確信しています。

頑張ってください。

 

コチラに受験生が知っておくべき心理効果をまとめています。

【保存版】受験勉強に絶対役立つ心理効果8つ【資格試験】
資格試験、大学や高校受験などの受験生にとって、一番の敵は「自分の心理」です。 受験勉強は辛いので、受験生は、あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の...

コメント