部分強化|FXでなぜポジポジ病にかかるのか?その心理と克服方法

部分強化(ポジポジ病)

 

FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。

この合理的でない心理や、そんな心理のワナを克服する方法は、人間の行動の不合理さに着目した行動経済学から学ぶことができます。

 

MT4が使える人気No.1FX業者
シストレするならMT4専用のVPS

ポジポジ病とは

「ポジポジ病」という病気をご存知ですか?

 

名前はかわいいんですけどね。

「ポジ」とはポジションのことで、ポジションを構えたくて仕方がない、手持ちポジションがない状態を我慢できない、そんな心理状態のことです。

 

ポジポジ病は、FXをやっている多くの方が、かかった経験があるのではないでしょうか。

特に初心者の頃にかかる人が多いんじゃないかと、個人的には思っています。

私も初心者の頃に、そんな心理状態になったことがありますから。

 

FXを覚えたてで、何度か勝ちトレードを経験して、とにかくトレードすることが楽しくて仕方なかった頃です。

手持ちのポジションがなくなると、なんだか無性にポジションを構えたくなって、衝動的にポジションを構えていました。

戦略も何もないので、当然ですがけっこう負けました。

 

私のように、ただポジションを構えたいだけのポジポジ病は危険です

そのままでは、いつか大損してしまいます。

 

ポジポジ病にかかる理由~部分強化~

私たちは、なぜポジポジ病にかかってしまうのでしょう?

 

人間は必ずしも合理的に行動できないからです。

ポジポジ病にかかる理由は、行動経済学から「部分強化」で説明できます。

 

「部分強化」の意味

行動経済学とは、人間が必ずしも合理的に行動しないことに着目し、これまでの経済学では説明できなかった経済行動を心理学的な観察から説明しようとする新しい経済学です。

条件づけに際し、強化(報酬)を毎回与えることを連続強化といい、強化(報酬)を時々与えることを部分強化といいます。

 

条件づけとは、報酬や罰を与えることにより、ある行動を自分からするように訓練することです。

 

人間の心理には、報酬を毎回もらえる「連続強化」よりも、時々もらえる「部分強化」を好む傾向があります。

毎回必ず勝つとわかっているギャンブルだと、おもしろくないからです。

それより、たまに大きく勝つギャンブルは当たったときの快感が大きくなるため、人間はその快感が忘れられずに依存してしまうのです。

 

スキナー箱の実験

スキナー箱という有名な実験があります。

 

レバーを押すとエサが出る仕組みのスキナー箱に、ネズミを入れます。

レバーを押す度にエサが出る「連続強化の箱」では、ネズミは一回レバーを押せばエサが出ることを学習します。

レバーを押してもエサが時々しか出てこない「部分強化の箱」では、ネズミはレバーを何回も押せばいつかはエサが出ることを学習します

この状態で、どちらの箱もレバーを何回押してもエサがまったく出ないようにします。

すると、「連続強化の箱」のネズミは、エサをあきらめて、すぐにレバーを押さなくなります。

一方、「部分強化の箱」のネズミはレバーを押し続けるのをやめません。

レバーを何回も押せばいつかはエサが出ることを学習したネズミには、「いつかはエサが出る」という期待が生成されていて、エサが出なくなってからも、その期待が反応を続けさせるのです。

 

この実験結果から、「部分強化」によって条件づけられた反応は消去しにくいことがわかります。

ギャンブル中毒症の心理とは、まさにこういうことであり、「部分強化」によって強く条件づけられた反応なのです。

 

ポジポジ病にかかる理由はギャンブルと同じ

FXで、たまにトレードが成功して大きな利益をあげたとすれば、「部分強化」による快感になります。

そして、また快感を味わいたいという心理により、ポジションを構えたくて仕方がない、手持ちポジションがない状態を我慢できなくなってしまうのです。

 

また、FXは、やり方次第では、ギャンブル的な要素が強く出てきます。

レバレッジを上げれば、少ない投資資金で大金を稼ぐことができてしまいますから。

ポジポジ病も、度が過ぎると、ギャンブルと同じように中毒的な症状が出てしまうことがあるのです。

 

ポジポジ病を克服する方法

ポジポジ病は治らないのでしょうか?

克服するためには、どうすればいいでしょう?

 

自分の心理に「部分強化」が働き、ポジポジ病にかかっていると自覚することです。

ほとんどの場合は、まだ部分強化の影響も弱いので、自覚するだけで自然に治っていくと思います。

ポジポジ病で構えるポジションには、所詮、戦略も何もないので、すぐ勝てなくなります。

勝てなくなれば、楽しくなくなっていきますから。

自覚した上で、レバレッジを低く制限する、損切りルールを作るなどの資金管理をキチンとして、大損しないように注意しましょう。

 

しかし、度を過ぎて、中毒的な症状が診断される場合は、そうも言ってられません。

部分強化への対策が必要です。

冷静になって、FXを安全に楽しむ方法を考えるべきです。

まずは、レバレッジを低く制限します。

大損しにくくなりますし、勝っても報酬が小さくなるので、部分強化による快感も小さくなります。

 

また、部分強化による快感を得られる他の趣味を見つけることも効果的です。

FXからの快感を薄めることができます。

 

まとめ

ポジポジ病は、症状の軽い多くの人の場合は、「部分強化」が働いている自分の心理状態を自覚するだけで、自然に治っていくと思います。

 

しかし、度が過ぎて、中毒症的な症状が診断される場合は、部分強化への対策が必要です。

冷静になって、FXを安全に楽しむ方法を考える必要があります。

 

【関連記事】
投資家がはまりやすい心理のワナをまとめました。

【保存版】投資家が絶対に知っておくべき心理効果13選|FX必勝法
FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。行動経済学の見地から、私たちが絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。この記事が、投資家であるあなたの運用成績UPに必ず役立つと確信しています。いっしょに頑張りましょう!

コメント