MOSとは?試験の難易度は?就職や転職に役立つの?将来性は?

この記事は約5分で読めます。

MOSとは?試験の難易度は?就職や転職に役立つの?将来性は?

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)は、就職・転職に有利な資格であると言われ、特に女性に人気の資格です。

でも、本当のところ、MOSとは何なのか? 試験は難しいのか? 就職や転職に役立つのか? 将来性はあるのか?

 

アラフィフリーマンの私には、さまざまな業界に長年培った多くの人脈がありますし、中には人事担当者もいます。

彼らから直接聞いた企業の本音をご紹介します。

 

スポンサーリンク

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)とは?

MOSとは、エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる国際資格です。

マイクロソフト社認定の世界共通資格で、認定されたスキルは世界で通用するグローバル資格です。

そのため、多くの企業や教育機関で資格取得を推奨されている資格で、認知度は抜群に高いです。

 

スポンサーリンク

MOSの取得方法

MOSの受験方法には、オンラインまたは郵送で申し込みができる「全国一斉試験」と、最寄りの試験会場で受験できる「随時試験」の2つがあり、好みの方を選べます。

どちらの試験も、受験料・試験内容・合格認定証はまったく同じです。

 

MOS試験の概要

受験方法全国一斉試験随時試験
受験資格なしなし
試 験 日毎月1~2回各試験会場が設定した日程
試験会場全国の会場より選択全国の会場より選択
申込方法試験日の約1~1.5ヶ月前から申込み開始
●インターネットで申込(クレジットカードまたは銀行振込)
●郵送で申込み(窓口支払い)
試験会場ごとに申込み方法、申込み期間が異なる

 

試験レベル

マイクロソフト オフィスのバージョンごと及びアプリケーションごとに試験科目が分かれています。

さらに、ワードとエクセルには、それぞれ一般レベルと上級レベル(エキスパート)の2種類の試験があります。

試験科目一般レベル上級レベル(エキスパート)
ワード
文書作成ソフト
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
エクセル
表計算ソフト
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

※試験の難易度は簡単です。一般レベル試験であれば、早い人なら1週間ほどで取れます。

※特に理由がない限り、最新バージョンの科目を受験しましょう。

 

試験対策

試験は簡単なので、自信のある方は、独学にチャレンジしてみましょう。

人気No.1のテキスト&問題集👇

 

自信のない方や勉強に慣れていない方には、効率よく学習できる通信講座が人気です。

特に、業界大手のユーキャンヒューマンアカデミーなら、スキマ時間を有効活用できるeラーニング対応、資格取得だけでなく就職活動までサポートしてくれるなど、おすすめです。

👑生涯学習のユーキャン
👑ヒューマンアカデミーの通信講座たのまな

 

スポンサーリンク

就職や転職に役立つのか?

簡単に取れる資格というのは、その多くが何の役にも立たないゴミのような資格だったりします。

 

しかし、近年、パソコンスキルを客観的に証明するMOSは、就職活動や転職活動において再評価されてきています

と言うのも、マイクロソフト オフィスを使いこなせない若者が増えてきているからです。

今時の若者は、スマホばかり使っていて、パソコン離れが急速に進んでいるそうです。

キーボード操作も不慣れで、指一本や片手でのたどたどしいタイピングしかできない若者が増えてきているそうです。

 

一方、企業の現場では、今も昔もマイクロソフト オフィスは使えて当たり前のソフトです。

当然のように、ワードで報告書を作成し、エクセルでデータを集計し、パワーポイントでプレゼン資料を作成することを求められます。

そのため、MOSを取得していれば、マイクロソフト オフィスを使いこなす即戦力であることをアピールできるので、就職活動や転職活動を有利に進めることができるのです。

 

スポンサーリンク

MOSの将来性

次に気になるのは将来性ですが、MOSは、その将来性も非常に高いと言われています。

 

マイクロソフト オフィスは、何十年もの間、ビジネスソフトの絶対的な定番です。

現在では、マイクロソフト オフィスと互換性があるものや、無料配布のものなど、さまざまなオフィスソフトも出回ってきていますが、いまだに、どのソフトもマイクロソフト オフィスのまともな競争相手にすらなりえていません。

企業にとっても、マイクロソフト オフィスを使う以外に選択肢がないのです。

この状況は、将来的にも変わらないと考えられています。

そのため、マイクロソフト オフィスを使いこなす即戦力であることをアピールできるMOSは、非常に将来性の高い資格であると言えます

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)について、関係者から直接聞いた企業の本音をご紹介しました。

 

企業の現場では、マイクロソフト オフィスは使えて当たり前のソフトですが、若者のパソコン離れが進んでいる昨今、ワードやエクセルをろくに使えない若者が増えてきています。

そのため、MOSを取得していれば、マイクロソフト オフィスを使いこなす即戦力であることをアピールできるので、就職活動や転職活動を有利に進めることができるのです。

 

試験は簡単で、費用や時間といったコスパも優秀、その上、全国で毎月試験を実施しているので、他の資格試験のように1年待つ必要はありません。

 

結論として、MOSは目指す価値のある資格であると言えます。

 

MOSのおすすめ通信講座
↓まずは無料の資料請求を↓

👑生涯学習のユーキャン
👑ヒューマンアカデミーの通信講座たのまな
タイトルとURLをコピーしました