MT4を24時間365日安定稼働させる環境整備|ミニPCとVPSを徹底比較

MT4を24時間365日安定稼働させる環境整備|ミニPCとVPSを徹底比較

そろそろMT4を安定稼働させる環境を整えようと考えています。

現状は、自宅でノートPCの電源をつけっぱなしにしてMT4を稼働しています。

 

しかし、ずっとこのままというわけにはいきません。日常使うPCとの併用なので何かと不便です。

なにより、ノートPCは熱を持つので、冬の間は問題なくても、夏になれば熱暴走するかもしれません。

とても安定稼働できているとは言えません。

 

そこで今回の記事では、MT4を"24時間365日"安定稼働させる環境整備を検討してみます。

 

スポンサーリンク

ミニPCとVPSサービスを徹底比較!

みんなはMT4の常時稼働をどうやって実現しているのでしょう?

ネットで調べてみると、どうやら「ミニPC派」「VPSサービス派」がいるようです。

それぞれのメリット・デメリットを調べてみました。

 

スポンサーリンク

ミニPC派

スティックPCなどのミニPCを用意してMT4専用機にする方法です。

 

MT4専用のミニPCにすれば、日常使うPCが解放されるほか、以下のようなメリットがあります。

まず、本体価格が安いです。ノートPCよりもはるかに安く、だいたい2万円ほどで買えます。

ミニPCは、省電力で低発熱のCPUに、巨大なヒートシンクをかぶせ、あと構造そのものがシンプルなので、火災の心配も少なく、電気代は月数十円しかかからないなど、常時稼働向きです。

また、本体が小さく、最初にMT4を設定すれば、その後はモニターも必要ないので、省スペースです。

 

ミニPCの最大の弱点は停電・再起動・火災でしょう。

もしトレード手法が、秒単位・分単位でトレードするスキャルピングだと、停電は致命的な問題です。Windowsアップデートなどによる再起動も同様です。

しかし、数日以上のスパンでトレードするスイングトレードの場合、システムが半日や1日停止するぐらいは大した問題ではないかもしれません。

 

ミニPCの選び方

MT4で自動売買プログラム(EA)を動かすだけなら、PCにほとんど負荷はかからないので、Windows機であればどの機種を選んでも大丈夫です。安いのを選びましょう。

ただし、ミニPCにはモニターがありません。だから安いのですが…。

モニターが必要な時はHDMI端子に面倒ですがTVを繋げる必要があります。

その代わりTVでYoutubeを見たりもできますよ♪

スティック型PC amazonおすすめ商品

 

スポンサーリンク

VPSサービス派

MT4用にWindowsのVPS(Virtual Private Server)サービスを契約する方法です。

VPSとは、VPS業者のサーバーコンピュータの中で、自分専用の仮想サーバーを持つことができるサービスのことです。

仮想サーバー上のOSにWindowsがインストールされたVPS業者と契約すれば、自分専用の仮想Winodwsデスクトップ環境を持つことができます。

この仮想Windowsデスクトップ環境に、MT4をインストールして稼働させるのです。

VPSのイメージ

 

VPSには、安定的に常時稼働できること、自宅PCは使わないので停電や火災を心配する必要がないこと、外出先からもアクセスできることなどのメリットがあります。

 

VPSのデメリットは、サーバーのメンテナンスを自分でしなければならず、ある程度のサーバーの専門知識やコマンド入力などの作業が必要なことですが、この程度なら大丈夫でしょう。

 

おすすめVPSサービス①:XMTRADINGの無料VPSサービス

XMユーザーなら、以下の条件を2つとも満たせば無料でVPSサービスを利用できます。

  • 1ヶ月に5ロット(50万通貨)以上の取引があること
  • 口座資金の合計が5,000ドル(日本円なら約60万円)以上あること

なお、条件を2つとも満たせなければ、利用料は月額28ドル(約3,000円)かかります。

↓XMの口座開設はこちらから↓

 

おすすめVPSサービス②:『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』

XMの無料条件を満たせない場合は、GMOインターネットの『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』がおすすめです。

おすすめする理由は「速さ」です。今年2019年、ストレージがHDDからSSDに変更され、データ読み書きや回線速度で大幅なパフォーマンスアップを実現しました。安定性と高速性が求められるFX取引に最適な仮想デスクトップサービスです。

他にも、料金、機能、安定性、サポートなど、すべて高いレベルで満たしており、他社のサービスと比べ、コストパフォーマンスが非常に高いです。

何より初期費用が無料なので気楽に試すことができます。

↓お申込みはこちらから↓

スポンサーリンク

まとめ

今回は、MT4を安定稼働させる環境として、「MT4専用のミニPC」と「VPSサービス」を比較検討しました。

MT4専用のミニPCは、ノートPCに比べて、安価・省電力・低発熱・省スペースなどのメリットがあり、常時稼働向きです。

VPSサービスは、安定的に常時稼働できること、自宅PCは使わないので停電・火災・再起動などを心配する必要がないこと、外出先からもアクセスできることなどのメリットがあります。

 

自分に向いているのはどちらなのか、もう少し検討してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました