FX初心者必見!大勢に同調してしまう心理と対策【バンドワゴン効果】

 

FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。

この合理的でない心理や、そんな心理のワナにはまらないための対策は、人間の行動の不合理さに着目した行動経済学から学ぶことができます。

 

 

流行という大勢の判断

少し前、仮想通貨のビットコインや高金利通貨のトルコリラが高騰して、

 

やれ投資ブームだの、

やれみんな大儲けして「億り人」になっただの、

 

さまざまなニュースがメディアで取り上げられ、まさに一大ブーム(流行)でした。

そんな流行に、つい乗ってしまった方もたくさんいると思います。

 

あなたは乗せられませんでしたか?

 

私はキッチリ乗ってしまいました。

みんながやってるから、乗り遅れないようにとの思いから、つい仮想通貨に手を出していました。

あまり理解できていなかったので、ほんの少額しか突っ込みませんでしたが。

 

流行が持つ、熱量というか、影響力はすごいです。

 

私の周りでも、普段は投資にまったく関心のない人や、リスクを抑えた投資を好む人まで、みんな手を出していました。

ビットコインにしてもトルコリラにしても、どちらも投資対象としては相当にハイリスクなのにです。

 

ニュースで騒がれたすぐ後に、仮想通貨もトルコリラも見事に暴落しましたので、手を出した方々はさぞひどい目にあわれたことでしょう。

実際、私はひどい目にあいましたから…

 

大勢に同調してしまう心理~バンドワゴン効果~

なぜ、私たちは、普段ならまったく興味のない投資であっても、流行のような大勢の判断に安易に同調してしまうのでしょう?

 

人間は必ずしも合理的に行動できないからです。

その理由は、「バンドワゴン効果」で説明できます。

 

バンドワゴン効果

「バンドワゴン効果」とは、自分の判断や選択よりも、大勢の判断や選択の方が正しいだろうと思い込み、同調してしまう心理の動きです。

 

ちなみに、バンドワゴンとは、欧米のパレードやマーチングの先頭を行く楽隊車のことであり、「バンドワゴンに乗る」とは、大衆にくみする、勝ち馬に乗る、時流に乗るといった意味を持ちます。

特に、日本人は協調性を大事にすることから、「バンドワゴン効果」にはまりやすいと言われます。

 

ソロモン・アッシュの同調実験

「バンドワゴン効果」の有名な実験として、ソロモン・アッシュによる同調実験があります。

 

約30人が実験室に集められました。

実は、この30人のほとんどは「サクラ」で、被験者は一人だけです。

実験の内容は、提示されたカードに描かれた線を見て、別のカード群の中から同じ長さのものを選ぶというものでした。

すると、被験者は、明らかに線の長さが異なるカードだとわかっても、大勢が「線の長さが同じ」と答えると、それと同調してしまうことがわかりました。

 

この結果から、人間は、合理的ではないとわかっていても、大勢の判断や選択に同調してしまうことがわかります。

 

日常生活でのバンドワゴン効果

「バンドワゴン効果」は日常生活でよく見られます。

例えば、初めて行ったラーメン屋で、食べてみて「まっず…」と思ったとしても、大勢の客が「おいしい!」と言うのを聞けば、「そうなのかな?」という気がしてきます。

 

FXで大勢に同調してしまう心理

FXでも、冒頭のような流行が起こったときに「バンドワゴン効果」を確認できます。

 

例えば、ある通貨ペアが急騰したとします。

それを見ていた市場参加者は、「バンドワゴン効果」によって、大勢の判断だと思ってどんどん新規参入してくることになり、その通貨ペアはさらに急騰します。

さらに「バンドワゴン効果」は続き、それを見ていた他の人々も新規参入し、流行は加速していきます。

しかし、ある程度まで急騰すると、最初から参加していた人々は、すでに十分な利益をあげているので、頃合いを見て撤退していきます。

そして、ある瞬間に暴落が始まり、後から参加した人や逃げ遅れた人は大きな損失をこうむることになってしまうのです。

 

「バンドワゴン効果」への対策

では、流行のような大勢の判断に安易に流されないようにするには、どうすればいいのでしょう?

 

まずは、自分の心理に「バンドワゴン効果」が働いていると自覚することです。

この記事を読んだあなたは、今後もし、みんなしてるからと、安易に流行に乗ってしまいそうになったとき、

「これがバンドワゴン効果ってやつか~。」

と自覚できます。

自覚しさえすれば、自分の心理にいったんブレーキをかけることができるはずです。

 

その上で、もう一つ別の判断基準(しかも客観的で信頼できる判断基準)を与えてやれば、大勢に同調しただけの判断にストップをかけることができます。

 

具体的に説明すれば、こういうことです。

FXでエントリーの判断をするときは、たいていチャートを見ているときです。

ならば、同じチャート上に、もっと客観的で信頼できる判断基準、つまり、自分が信頼するテクニカル指標を表示するのです。

例えば、オシレータ系指標のRSIなどは、流行の過渡期には「売られすぎ」のサインが出ます。

 

まとめ

私たち日本人は、特に大勢の判断に安易に流されがちです。

 

対策としては、まず、自分の心理に「バンドワゴン効果」が働いていると自覚することです。

自覚すれば、自分の心理にブレーキがかかります。

その上で、同じチャートに、テクニカル指標による客観的で信頼できる判断基準を一緒に表示させることにより、大勢に同調しただけの判断にストップをかけることができます。

このような合理的な行動こそ、FXで安定的に利益をあげ続けるコツなのです。

 

行動経済学の見地から、私たち投資家が絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。

【保存版】投資家が絶対に知っておくべき心理効果13個【投資の必勝法】
FXでも株でも、私たち投資家は、合理的な行動ができずによく失敗します。行動経済学の見地から、私たちが絶対に知っておくべき心理効果を13個ご紹介します。この記事が、投資家であるあなたの運用成績UPに必ず役立つと確信しています。いっしょに頑張りましょう!

もしあなたが、MT4をリアル口座で稼働しようと考えているなら、XMTradingがおすすめです。
XMは、海外FX業者の中で、日本人による口座開設数No.1、豊富な入出金方法、24時間対応の日本語サポートなどにより、日本人でも安心して利用できます。

XMの口座開設はこちらから

投資家の心理

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント