禁止行為?窓埋めEAを動かすなら国内業者○○と海外業者××がおすすめ!

禁止行為?窓埋めEAを動かすなら国内業者??と海外業者??がおすすめ!

以前、FXの有名な戦略「窓埋め」についての記事を書きました。

「窓埋め」戦略は、市場に対して優位性があり、多く通貨ペアで勝てる戦略であることがわかりましたが、その戦略の特殊性からFX業者を選ぶこともわかりました。

窓埋めEA徹底検証|有用性と実戦投入を阻害する2つの問題
FXには「窓埋め」という有名な戦略がありますが、これをEA化してみました。いろいろな通貨ペアでバックテストしてみたところ、なかなか有用性が高そうです。しかし、窓埋めEAには、実は大きな問題が2つあり、実戦投入のハードルが高いことがわかりました。

 

今回の記事では、窓埋めEAに最適なFX業者をご紹介します。

 

スポンサーリンク

窓埋めとは?

外国為替市場は週末に閉まることから、月曜朝の始値と前週末の終値にすき間(窓)が開くことがあります。

この窓はだいたい短時間で埋まるのが相場のパターンです。

そこで、この窓を埋めようとする相場の動きを利用してトレードするのが「窓埋め」戦略です。「窓開け」と呼ばれることもあります。

つまり、月曜の朝、市場オープン時にチャートを確認し、もし窓が開いていれば、窓を埋める方向に注文を入れるのです。

 

「窓埋め」戦略は本当に勝てるのか、EAを自作し、MT4のバックテストで検証してみました。

結果、多くの通貨ペアで勝てる戦略であることがわかりました

 

スポンサーリンク

窓埋めEAの2つの大きな問題

しかし、せっかく作った窓埋めEAですが、2つの大きな問題があり、FX業者を選ぶこともわかりました。

問題①FX業者によっては「窓埋め」トレードを禁止している場合があること。
問題②「窓埋め」の時間帯はスリッページが発生しやすいこと。

 

スポンサーリンク

窓埋めEAに最適なFX業者とは?

取引ルールがシンプルな「窓埋め」戦略は、簡単にEAを組むことができ、MT4向きの戦略だと言えます。

あとは、「窓埋め」トレードを禁止しておらず、かつ、約定力があってスリッページが少ないMT4対応業者です。

これら条件を満たす窓埋めEAに最適なFX業者として、私は、国内業者なら OANDA JAPAN海外業者なら Anzo Capital(アンゾーキャピタル)をおすすめします。

日本の金融庁監視の下で安心して取引したいなら国内FX業者の OANDA JAPANがおすすめ!
MT4スプレッド
大きなレバレッジで思い切りトレードしたいなら、海外FX業者の Anzo Capitalがおすすめ!
アンゾーキャピタル小ロゴ

 

以下で、この2社のおすすめ理由を解説していきます。

 

スポンサーリンク

国内業者なら OANDA JAPAN(オアンダジャパン)

MT4スプレッドOANDA は世界9都市に拠点を構え、日本・イギリス・アメリカ・オーストラリア・シンガポール・カナダの金融ライセンスを持つ世界的FXブローカーです。

2004年に日本法人を設立している老舗であり、MT4と言えば OANDA と言われるほどの知名度を誇ります。

窓埋めトレードは禁止されていないか

禁止するどころか、むしろ推奨しています。

「オアンダFXラボ」において、投資法の具体的な説明やシミュレーションまでしています。

スリッページは小さいか

スリッページについては、独自のシステムにより、わずか1ミリ秒±(瞬きの300分の1のスピード)で取引を執行できます。

また、リクオート(価格のズレ)や注文拒否はありません。

他の OANDA JAPAN のメリット

  • スプレッドがMT4対応業者で最狭水準(ドル円0.4銭で原則固定)。
  • 取扱通貨ペアが72種類と、 国内MT4対応業者では断トツ(他社はだいたい20種類ほど)。
  • 最低取引単位が1通貨からと、 国内MT4対応業者では断トツ(他社はだいたい1,000通貨から)。
  • 「オアンダFXラボ」では、FX関連データを統計学的手法でまとめ公開しています。インジケーターやEAも配布しています。
  • 「オアンダエデユケーション」では、初心者の方向けのセミナーや教育コンテンツが揃っています。
  • 金融庁監視下の国内FX業者で安心して取引したいなら『OANDA JAPAN』一択です!

 

スポンサーリンク

海外業者なら Anzo Capital(アンゾーキャピタル)

アンゾーキャピタル大ロゴAnzo Capital は2018年に日本語サイトを開設したばかりで、まだ知名度は低いですが、IFSC(ベリーズ)の金融ライセンスを保有し、証拠金は完全信託保全により安全に保護されているので、信頼性は十分です。

日本で本格的に活動を始めた新進気鋭の海外ブローカーです。

窓埋めトレードは禁止されていないか

多くの海外FX業者では、リスクの高い取引として窓埋めトレードや指標トレードなどを禁止しています。

そんな中、アンゾーキャピタル は海外FX業者の中では有難い(珍しい)存在で、窓埋めトレードも指標トレードも禁止していません

スリッページは小さいか

アンゾーキャピタル では約定率99%、約定は0.2秒以内に取引が約定されます。

また、リクオート(価格のズレ)や注文拒否はありません。

他の アンゾーキャピタル のメリット

  • 超狭スプレッドと超速約定により、スキャルピングに最適です。
  • NDD(ノーディーリングディスク)方式を採用しています。間にディーラーを介さない取引方式のため、顧客とFX会社の利益が相反せず、非常にクリーンな取引環境でトレードできます。
  • NDD方式の他にも、国内業者と比較にならないレバレッジ500倍、追証のないゼロカットシステムなど、海外FX業者ならではのメリットがあります。
  • 海外FX業者でも、日本語サポートスタッフによる日本語窓口が開設されているので安心です。
  • レバレッジ規制のない海外FX業者で思い切りトレードしたいなら アンゾーキャピタル 一択です!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、窓埋めEAに最適なFX業者をご紹介しました。

窓埋めEAを稼働させるためには、「窓埋め」トレードを禁止しておらず、かつ、約定力があってスリッページが少ないMT4対応業者である必要があります。

これら条件をクリアする数少ないFX業者の中でも、私は、国内業者なら OANDA JAPAN、海外業者なら アンゾーキャピタル をおすすめします。

日本の金融庁監視の下で安心して取引したいなら国内FX業者の OANDA JAPANがおすすめ!
MT4スプレッド
大きなレバレッジで思い切りトレードしたいなら、海外FX業者の Anzo Capitalがおすすめ!
アンゾーキャピタル小ロゴ

 

この記事が、あなたのFXライフに役立つものであれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました