MT4専用を謳うVPSサービスの実力を徹底検証|24時間安定稼働できるか?

MT4が使えるVPS|MT4専用を謳うVPSサービスの実力を徹底検証

 

「MT4(MetaTrader4)をいかに”24時間365日”安定稼働させるか!?」

EA開発も自動売買もすべて1台のノートPCでやっている私にとって、以前から悩んでいる大きなテーマです。

過去の記事では、「MT4専用のミニPCとVPS契約のどちらがいいか」を検討したりもしました。

 

今回は、「for MT4」を謳うVPSサービスを発見したので、その実力を徹底検証します。

もしあなたが私に近いMT4環境なら、参考になる情報がきっとあると思うので、ぜひ読んでいってください。

MT4が使える人気No.1FX業者
シストレするならMT4専用のVPS

VPSとは?

VPS(Virtual Private Server)とは、一台の物理的なサーバーコンピュータの中で、ソフトウェア上にいくつもの仮想サーバーを作り、ユーザーは仮想サーバーの一つを専有して自由に操作することができるというサービスです。

仮想サーバーにWindowsがインストールされたVPS業者と契約すれば、VPS業者のデーターセンター内に自分専用の仮想Winodwsデスクトップ環境を持つことができます。

VPSのイメージ

『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』とは?

その「for MT4」を謳うVPSサービスとは『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』です。

業界大手で東証一部上場企業「GMOインターネット」が、今年(2019年)開始した新しいVPSサービスです。

↓お申し込みはこちらから↓

それでは、いったいどんなサービスなのか、その実力(スペック・料金、リモートデスクトップの対応状況、システムの安定性、サポート体制など)を見ていきましょう。

 

どこが「for MT4」なの?

一般のVPSサービスでは、MT4のインストールをはじめさまざまな設定をすべて自分で行う必要があります。

対して、『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』では、提携FX会社のMT4がプリインストールされているので、面倒な初期設定などは必要ありません。

自分の口座のMT4がプリインストールされていれば、サーバーやプログラムの専門知識は一切不要で、サービス開始後すぐにMT4を起動して自動売買を開始できます。

 

スペック・料金

システムのスペックに応じて、以下のように複数のプランが用意されています。

プラン名 月額料金メモリストレージ
ライトプラン1,620円/月2GB共有SSD 5GB
1GBプラン2,160円/月1GBSSD 50GB
1.5GBプラン2,213円/月1.5GBSSD 50GB
2GBプラン4,190円/月2GBSSD 100GB
4GBプラン5,850円/月4GBSSD 100GB
8GBプラン12,600円/月8GBSSD 200GB

※全プラン初期費用は無料。

  • ライトプランでは、プリインストール済みの提携MT4のみ稼働できます。
    • もし提携MT4以外のMT4を使いたい場合は、専有プラン(1~8GB)を選択し、自分でインストールする必要があります。
    • 現在の提携MT4は、[楽天証券],[Forex.com],[外為ファイネスト],[TitanFX],[OANDA],[ForexExchange]ですが、中の人が「今後、提携先の拡張を予定している」と言ってました。
  • 専有プランなら、MT4だけでなくブラウザも利用できるし、負荷の大きいバックテストだってできます。
  • 全プランのストレージがSSDなのは好感が持てます。HDDに比べて格段に速いので、遅くてイライラすることはないでしょう。
  • 月額料金が低く抑えられている上、全プラン初期費用は無料です。トータルで考えれば業界最安値レベルだと言えるでしょう。

 

リモートデスクトップが使えるか?

リモートデスクトップとは、スマホなどの端末からWindowsをネットワーク経由で操作できる遠隔操作機能です。

iOS・android・Windows・MacのいずれのOSからでも、スマホ・タブレット・PCのいずれの端末からでも、ネットワーク上の仮想デスクトップを操作できます。

リモートデスクトップが使えれば、外出先やPCの無い環境にいても、インターネットにさえ繋がっていればMT4の自動売買を開始(停止)できるのです。

リモートデスクトップは自動売買に必須の機能です。

一般のVPSサービスでは、そもそもFXやMT4の使用を想定していないので、リモートデスクトップは使えない、または使えても有料オプションとしているところが多いです。

その点、『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』では、リモートデスクトップを標準で使用できます。なるほど、たしかに「for MT4」です。

 

24時間365日安定稼働できるか?

VPSでは、自分専用の仮想デスクトップ環境はVPS業者のサーバーコンピューター上にあります。

GMOインターネットは、24時間365日、データセンターのサーバーコンピューターを有人監視しています

そのため、24時間365日、MT4を安定稼働できます。

自宅PCは使わないので、停電や火災を心配する必要もありません。

 

サーバーのメンテナンスは大変か?

一般のVPSサービスでは、そもそもFXやMT4の使用などに用途を限定していないので、サーバーのメンテナンスを自分でしなければならず、ある程度のサーバーの知識と手間が必要です。

その点、『お名前.com Windowsデスクトップ』は、MT4専用のサービスなので、最初からデスクトップ利用に特化した専用カスタマイズを入れており、サーバーのメンテナンスなどの複雑で面倒な設定は一切不要です。

私のようなVPS初心者にはありがたいサービスです。

 

サポートは充実してるか?

業界大手で東証一部上場企業「GMOインターネット」なので、サポート体制も万全です。

活用ガイド、FAQ、24時間365日無料の電話サポートなど充実したサポートが用意されています。

これも、VPS初心者にはありがたいです。

 

まとめ

今回は、GMOインターネットの『お名前.com デスクトップクラウド for MT4』について、その実力を徹底検証してみました。

料金、スペック、機能、安定性、サポートなど、私が必要と思う条件をすべて満たしており、他社のサービスと比べても、十分な実力で、コストパフォーマンスが非常に高いと思います。

これからMT4をVPSで稼働しようと考えているVPS初心者には、特におすすめしたいサービスです

何より初期費用が無料なので気楽です。私もちょっと試してみようと思います。

 

↓お申し込みはこちらから↓


おすすめFX業者

もしあなたがMT4のリアル口座を検討中なら『XM』がおすすめです。『XM』は、豊富な入出金方法、24時間日本語サポート、レバレッジ888倍、お得なボーナスなどで、日本人の口座開設数No.1の海外FX業者です。スマホ版MT4でもPCやMacと同じ口座で取引できます。

XMの口座開設はこちらから

MT4環境構築

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント