メーカー直販パソコンのすすめ|MT4のバックテストも楽勝!

2018コスパ最強ノートPC

最近、EA作りのためのバックテストを繰り返し行っているのですが、とにかく時間がかかります。

おかげで、なかなか作業が進みません。

しかも、時間をかけて行ったバックテストなのに、モデリング品質が「90%」に届かず、「25%」とか「N/A」とかがよく出てきます。

 

もしかしてヒストリカルデータに問題があるのでは?と考え、ヒストリカルデータを入れ替えたりしてみましたが、結果は変わりません。

 

まー、使っているノートPCがかなり古いモデル(2011年製)なので、遅いのは仕方ないと割り切っていましたが、さすがにそろそろ限界です。

 

そこで、今回は、ノートPCの買い替えを検討します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今使っているノートPC

私が今使っているノートPCの仕様は、以下のとおりです。

    • モデル:富士通 LIFEBOOK P771/C メーカーサイトへ
    • CPU:Intel Core i5-2520M(第2世代)
    • メモリ:DDR3 SDRAM 1GB → 6GB(増設済)
    • 記憶媒体:SATA HDD160GB → HDD1TB(換装済)
    • OS:Windows7(32bit)→ Windows10(32bit)(アップデート済)

もうかなり古いモデルです。

2011年発売のモデルで、メモリを増設し、ハードディスクを換装し、Windows10にアップデートしてと、コツコツ改造しながら使ってきました。

しかし、最近では、Windowsの起動、ウェブ閲覧、iTunesの読み込みなどの普段使いでも遅くてイライラするようになってきました。

 

ということで、以下で、具体的な買い替え機種を検討してみます。

 

ノートPC買い替え時に見るべきポイント

最低でも、今もたついている各種の処理がハッキリと体感できるぐらいスピードアップしてほしいところです。

当然、MT4のバックテストも楽々こなしてほしいです。

 

パソコンの性能は、ざっくり言えば、「CPU」「メモリ」「記憶媒体」の3要素で決まります。

CPU

CPUは、人間で例えると「頭脳」です。

CPUの処理速度が速い(=頭の回転が速い)と、データを処理するスピードが速くなります。

メモリ

メモリは「作業する机の広さ」です。

メモリが多い(=机が広い)と、たくさんの作業を同時にすることができます。

逆に、メモリが少ない(=机が狭い)と、作業効率が悪くなり、作業スピードが落ちます。

記憶媒体(ストレージ)

ストレージは「作業する机の引き出し」です。

ストレージが大容量になる(=引き出しが大きい)と、保存できるデータの量が増えます。

ここ数年、HDDよりも高速なSSDが主流になりつつあります。

ノートPC購入時に最も重視すべきはCPU

これら3要素のうち、特にノートPC購入時に最も重視すべきはCPUです。

メモリとストレージは、ノートPC購入後でも簡単に増設したり換装したりできますが、CPUだけはちょっと違います。

そもそも、CPUの交換ができない機種が多いですし、交換可能な機種であっても、使えるCPUの種類(世代やシリーズ)の調査や、ノートPCの本格的な分解が必要であり、素人は手を出しにくいです。

なので、以下で、CPUを重視して買い替えモデルを検討していきます。

 

最安価格帯(3万円~5万円)の格安ノートPC

まずは、最安価格帯(3~5万円)の格安ノートPCをみてみます。

家電量販店や有名ネットショップで調べてみたところ、3~5万円のモデルに搭載されているCPUは、ほとんどがインテルのAtomシリーズやCeleronシリーズでした。

これらのモデルは、インテル製CPUの中で、高性能なCore iシリーズに対し、廉価版として位置づけられています。

価格の安さと消費電力の少なさがウリなのですが、処理速度については、はっきりいって力不足です。

ベンチマークを見てみても、これらのモデルより、私の古いノートPCのCPU(第2世代Core i5-2520M)の方がスコアが高いです。

 

どうやら、格安ノートPCでは役不足のようです。

 

メーカー直販パソコンのすすめ

格安PCは役不足だけど、そこそこ高性能なノートPCを安く買いたいなら、”メーカー直販パソコン”がおすすめです。

メーカー直販パソコンとは、メーカーが直接販売しているパソコンのことです。

普通に店頭で売っているPCには、自分にとって必要のないパーツやソフトウェアが付いていますが、BTO(Build To Order)という販売スタイルのメーカー直販パソコンは、自分の用途に合わせてパーツを自由にカスタムして注文することができます。

そのため、パーツやソフトウェアを絞れば、店頭販売モデルよりメーカー直販パソコンの方が安く買うことができます。

さらに、メーカーサイトで購入することで独自の保証がついたり、サポートが用意されている製品もあります。

 

このように、メーカー直販パソコンなら、自分好みにカスタマイズしたノートPCを、比較的安く購入することができるのです。

 

おすすめメーカー直販ショップ

多くのPCメーカーがメーカー直販ショップを出していますが、私は、品揃えの豊富さと価格の安さで「レノボ・ショッピング」おすすめします。

レノボ(Lenovo=旧IBM)は、ノートPCメーカーとして世界シェア第2位の大手企業であり、”ThinkPad”はノートPCの代名詞と言われるほど人気があります。

海外メーカーですが、一部の研究開発(大和事業所)や組立(米沢工場)を日本で行っているので、品質面でも安心です。

 

そんなレノボのメーカー直販ショップが「レノボ・ショッピング」です。

ハイエンドモデルからエントリーモデルまで品揃えが豊富で、ここでしか買えないThinkPadの米沢生産モデルなどもあります。

また、旧モデルは大幅値引きされているので狙い目です。

購入後も、手厚い保証や専属スタッフによる丁寧なサポートがあるので安心です。

レノボ・ショッピングへ↓

まとめ

今回は、ノートPCの買い替えを検討しました。

格安PCは役不足だけど、そこそこ高性能なノートPCを安く買いたいなら、メーカー直販パソコンがおすすめです。

メーカー直販パソコンは、BTOという販売スタイルにより、自分の用途に合わせてパーツを自由にカスタムして注文することができるので、カスタム次第で店頭販売モデルより安く買うことができます。

多くのPCメーカーがメーカー直販ショップをしていますが、品揃えの豊富さと価格の安さで、私は「レノボ・ショッピング」おすすめします。

レノボ・ショッピングへ↓

 

将来、メモリやストレージを自分で交換するつもりなら、こちらの記事が参考になります。

古いノートPCをSSD化したら爆速になった!~LIFEBOOK P771/CのSSD化
古いノートPCの高速化作戦第2弾。前回はWindows10を64bit版にアップグレードしました。今回は、ちょっとだけお金をかけて、ストレージをSSDに換装し、ついでにメモリも増設します。わずか1万円ほどの出費で、自分でもびっくりするほどの爆速PCができました。
スポンサーリンク

おすすめFX業者とVPSサービス

もしあなたがMT4のリアル口座を検討中なら『XM』がおすすめです。豊富な入出金方法、24時間日本語サポート、レバレッジ888倍、お得なボーナスなどにより、日本人の口座開設数No.1の人気FX業者です。スマホ・PC・Macすべて同じMT4口座で取引できます。


もしあなたがMT4をVPS稼働しようとお考えなら、このMT4専用VPSがおすすめです。初期費用0円なので気楽に試してみませんか♪


MT4用のPCなら、数あるメーカー直販ショップの中でも、豊富な品揃えと価格の安さから『レノボ・ショッピング』がおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめFX業者とVPSサービス

もしあなたがMT4のリアル口座を検討中なら『XM』がおすすめです。24時間日本語サポート、レバレッジ888倍、お得なボーナスなどから、日本人の口座開設数No.1の人気FX業者です。スマホ・PC・Macすべて同じ口座で取引できます。


もしあなたがMT4をVPS稼働しようとお考えなら、このMT4専用VPSがおすすめです。初期費用0円なので気楽に試してみませんか♪


MT4用のPCなら、数あるメーカー直販ショップの中でも、豊富な品揃えと価格の安さから『レノボ・ショッピング』がおすすめです。

MT4環境作り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、投資行動を勧誘・助言するものではありません。
当サイトに掲載している全ての情報について、その正確性、完全性、有用性等について保証するものではありません。
個々の取引において生じたいかなる損失について、当サイトの管理人は一切の責任を負いかねます。
取引にあたっては、FXという金融商品のリスクを十分に理解した上で、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
当サイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

Startup!

コメント

タイトルとURLをコピーしました