古いPCをタダで高速化しよう!~LIFEBOOK P771/CのWindows10を64bit化

 

 

最近、古いノートPC(富士通 LIFEBOOK P771/C)に限界を感じています。

MT4のEA開発のためにバックテストを繰り返しているのですが、すごい時間がかかる上に、モデリング品質がたびたび「90%」に届かなくなりました。

そういえば、Windowsの起動、ウェブ閲覧、iTunesの読み込みなどの普段使いでも遅くてイライラしています。

 

そんなことから、前回の記事で、ノートPCの買い替えを検討しましたが、はっきり体感できるぐらい処理能力の高い機種になると6~8万円以上するとわかりました。

思った以上に高くつきそうです。

 

ならば、今のノートPCを少しでも高速化できないか、いろいろ調べてみたところ、Windows10は32bit版から64bit版に無償アップグレードできるようなのです。2018年の今でもです。

 

そこで今回は、古いノートPCを高速化するためにWindows10を64bit化してみます。

 

富士通 LIFEBOOK P771/C

私が今使っているノートPCの仕様は、以下のとおりです。

  • モデル:富士通 LIFEBOOK P771/C メーカーサイトへ
  • CPU:Intel Core i5-2520M(第2世代)
  • メモリ:DDR3 SDRAM 1GB → 6GB(増設済)
  • 記憶媒体:SATA HDD160GB → HDD1TB(換装済)
  • OS:Windows7(32bit)→ Windows10(32bit)(アップデート済)

もうかなり古いです。

2011年発売のモデルで、メモリを増設し、ハードディスクを換装し、Windows10にアップデートしてと、コツコツ改造しながら使ってきました。

 

32bitと64bitの違い

Windows10には、32bit版と64bit版があります。

64bit版は、64bitCPU(x64プロセッサ)を搭載したパソコンにしかインストールできませんが、今どき、ほとんどのPCが64bitCPUを搭載しています。
※64bitCPUかどうかは、「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「システム」で確認できます。

 

32bit版のOSを64bit版に変更すれば、さまざまなメリットがあります。

  1. 64bit版の方が一度に処理できる情報量が格段に多いため、処理速度が速くなる。
  2. メモリも、32bit版は3.2GBまでしか認識できないのに対し、64bit版は2TBまで認識できる。
  3. ストレージも、32bit版はCドライブ(Windowsをインストールするドライブ)の上限が2TBまでなのに対し、64bit版は上限がない。

 

逆にデメリットは、OSを一からクリーンインストールしなければならないので、手間や時間がかかるぐらいです。

 

これは、もう64bit版に変更するしかないでしょう。

ということで、以下で、Windows10を64bit版にアップグレードしていきます。

 

Windows10を64bit化する作業

最初に、写真や音楽などの個人データを外付けHDDなどにバックアップしておきます。

OSをクリーンインストールするので、内臓ストレージの中身がすべて消えてしまいますから。

 

インストールメディアの作成

Microsoft公式サイトから「Windows10セットアップ用ツール」をダウンロードします。

Microsoft公式サイト

 

ツールを起動させると、最初に「適用される通知とライセンス条項」の画面が出てきますので、「同意する」をクリックします。

「実行する操作を選んでください」の画面では、「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して「次へ」をクリックします。

 

「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」の画面では、言語は「日本語」、エディションは「Windows 10」、アーキテクチャは「64ビット(x64)」選択して「次へ」をクリックします。

 

「使用するメディアを選んでください」の画面では、「USBフラッシュドライブ」を選択し「次へ」をクリックします。

 

指定したUSBメディアに「Windows10セットアップデータ」をダウンロードし終わったらツールを終了します。

 

64bit版Windows10のクリーンインストール

USBストレージを挿入してWindowsを再起動します。

Windows10のセットアップ画面が開いたら、あとは画面の指示どおりに進めていきます。

 

ここで、以下の点に注意しましょう。

  • Windows10のセットアップ画面が開かない場合は、BIOS設定画面で、USBメディアの起動順位をHDDより上位に変更する。
  • インストールするOSのエディション(HomeまたはProfessional)は、元のOSのエディションと同じにする。
  • ライセンス認証画面でプロダクトキーの入力を求められたら、「プロダクトキーがありません」をクリックする。
  • 「インストールの種類を選んでください」の画面では「カスタム」を選択する。
  • インストールの場所は、Windows10 が入っているドライブ(Cドライブが入っている場所)を選択する。

 

これでインストール完了です。

 

インプレッション

まず、動作が明らかに軽快になりました。

まー、64bit化の恩恵だけではなく、クリーンストールによりシステムが軽くなった恩恵もあるのでしょう。

 

あと驚いたのは、プリンタドライバなどの後付けデバイスを除けば、すべてのハードウェアを勝手に認識し正常に動作したことです。

新たにデバイスごとにドライバをインストールする必要がないので、これはありがたかったです。

 

最後に、無事に64bit化できたか確認してみましょう。

「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の中の「システム」をクリックします。

画像のように「64ビットオペレーティング システム」になっていればOKです。

 

 

まとめ

今回は、古いノートPCのWindows10を64bit化してみました。

多少の時間と手間はかかりますが、パソコンをタダでパワーアップできるのですから、やらない手はありません。

もし、あなたの使っているパソコンが32bit版Windows10なら、ぜひチャレンジしてみましょう。

もしあなたが、MT4をリアル口座で稼働しようと考えているなら、XMTradingがおすすめです。
XMは、海外FX業者の中で、日本人による口座開設数No.1、豊富な入出金方法、24時間対応の日本語サポートなどにより、日本人でも安心して利用できます。

XMの口座開設はこちらから

MT4でシストレ

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント