今が狙い目!国家公務員採用一般職試験と気になる官庁の職場実態

今が狙い目!国家公務員一般職採用試験と気になる官庁の職場実態

 

「就職したいランキング」「結婚したいランキング」などさまざまな人気調査で上位にランクされるなど、公務員は大人気です。

そのため、公務員試験は、多くの新卒者や転職希望者が集まってくる大人気資格です。

実は、近年、好景気を背景に民間企業の採用者数が増えてきたことから、公務員試験の競争率が下がってきており、ハッキリ言って公務員試験は今が狙い目です

 

今回は、さまざまな公務員試験の中でも、特に人気のある「国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験・行政区分)」についてまとめてみました。

公務員の分類|国家公務員一般職とは?

「公務員」と一言で言っても、実に多くの種類があります。

分類すると、まず国の機関で勤務する「国家公務員」と地方公共団体で勤務する「地方公務員」があり、さらに国家公務員は「国家公務員一般職」「国家公務員総合職」「国家公務員専門職」の3つに分類できます。

  • 「国家公務員一般職」は、国家公務員のうち地方行政を担う職員で、中央省庁の地方出先機関の局長に任命されます。いわゆるノンキャリ(ノンキャリア組)です。
  • 「国家公務員総合職」は、国家公務員のうち政策の企画立案や調査研究に携わる職員で、中央省庁の大臣に任命されます。いわゆるキャリア(キャリア官僚)です。
  • 「国家公務員専門職」は、特定の行政分野に携わる職員で、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、皇宮護衛官、食品衛生監視員、航空管制官などがあります。

 

国家公務員採用一般職試験の区分と概要

国家公務員一般職になるには「国家公務員採用一般職試験」に合格しなければなりません。

国家公務員採用一般職試験にはいくつもの区分があります。「大卒程度試験」「高卒者試験」「社会人試験」があり、それぞれの試験には「行政(事務)の区分」と「技術系の区分」があります。

 

ここでは、国家公務員採用一般職試験のうち「大卒程度試験(行政)」の概要について説明します

受験資格

年齢制限があります。

受験できるのは21歳以上30歳未満の者です(21歳未満でも、大学卒業及び卒業見込み、短大卒業及び卒業見込みの者は受験できます)。

国家公務員採用一般職試験は、年齢制限が高いこと(30歳まで)と社会人試験があることから、新卒者だけでなく、転職を目指している社会人など多くの受験生が集まります

試験区分

文系の受験生は「行政区分」を受験することになります。

なお、「行政」以外に、「電気・電子・情報」「機械」「土木」「建築」「物理」「化学」「農学」「農業農村工学」「林学」の9つの技術系の区分があります。

試験日程

申し込み 4月頃
1次試験(筆記) 6月中旬の日曜日
2次試験(面接) 7月中旬~8月上旬
最終合格発表 8月下旬

最終合格者は、試験区分別の採用候補者名簿(大卒程度試験は3年間有効、高卒者試験と社会人試験は1年間有効)に記載されます。

各官庁は、採用候補者名簿に記載された者の中から、面接などを行って採用者を決定します。

試験勉強

試験科目が多岐にわたる上に面接対策も必要であることから、独学で攻略するのはちょっと厳しい試験です。

そこでおすすめなのが最近人気の「eラーニング付き通信講座」です。

国家一般のeラーニング付き通信講座|二大人気講座を徹底比較
国家一般のeラーニング付き通信講座は数多くありますが、特に、実績・コストパフォーマンス・口コミの評判などから『ユーキャン』と『アガルート』をおすすめします。さらに、この2大講座を徹底比較し、タイプ別のおすすめ講座をご紹介します。あなたにピッタリの講座が見つかります。

 

どの官庁に就職するかが一番大事

国家公務員採用一般職試験の1次試験(筆記)の合格者は、合同説明会や官庁訪問に参加し、志望する官庁を絞っていくことになります。

多くの受験生は目先の合格しか見ていないので、筆記試験対策だけ一生懸命になってしまいがちですが、本当は「どの官庁に就職するか」が一番大事であり、もっと重視すべきです。

公務員にはさまざまな職種や組織があり、職場ごとにまったく違った特徴があります。中には、民間企業顔負けのブラックな職場だってあります

「自分が何をしたいのか」も大事ですが、残業や転勤などの勤務実態も合わせて検討し、どの官庁に行くかを決めるべきです。

 

ブラックなのかホワイトなのか各官庁の職場実態

官庁ごとの職場実態を紹介します。

情報は、私が個人的に、現役職員やOBなどの関係者から聞いた生の声です。

合同説明会や官庁訪問で見せる姿はしょせん上っ面でしかなく、本当の姿は見えません。

果たしてブラックなのかホワイトなのか、外からはなかなか見えない各官庁の本当の姿をお話しします。

財務局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態
多くの受験生は筆記試験対策だけ一生懸命ですが、どの官庁に就職するかをもっと重視すべきです。「財務(支)局」の職場実態を紹介します。国の予算を所掌する財務(支)局は地方の最強官庁です。その上、勤務条件でも、残業は少なめで転勤は狭いエリアと良好です。
経産局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態
多くの受験生は筆記試験対策だけ一生懸命ですが、どの官庁に就職するかをもっと重視すべきです。「経済産業局」の職場実態を紹介します。残業が少なく、転勤もほとんどなく、窓口業務もありません。あらゆる官庁の中で最もホワイトな職場だと思います。
運輸局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態
多くの受験生は筆記試験対策だけ一生懸命ですが、どの官庁に就職するかをもっと重視すべきです。「運輸局」の職場実態を紹介します。現役やOBなどの生の声なので、たぶん運輸局の本当の姿です。転勤や残業、仕事内容など良い面も悪い面も紹介します。
整備局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態
多くの受験生は筆記試験対策だけ一生懸命ですが、どの官庁に就職するかをもっと重視すべきです。「地方整備局」の職場実態を紹介します。現役やOBなどの生の声なので、たぶん地方整備局の本当の姿です。転勤や残業、仕事内容など良い面も悪い面も紹介します。
法務局ってブラック?|合同説明会や官庁訪問ではわからない職場実態
多くの受験生は筆記試験対策だけ一生懸命ですが、どの官庁に就職するかをもっと重視すべきです。人気官庁「法務局」の職場実態を紹介します。現役やOBなどの生の声なので、たぶん法務局の本当の姿です。転勤や残業、仕事内容など良い面も悪い面も紹介します。

 

まとめ

公務員試験の中でも「国家公務員採用一般職試験」は特に人気があります。

年齢制限が高いこと(30歳まで)と社会人試験があることから、新卒者だけでなく、転職を目指している社会人の受験生も多いです。

 

今回は、国家公務員一般職について、採用試験の区分と概要、気になる各官庁の職場実態などをご紹介しました。

景気が回復してきた近年は、公務員試験の競争率が下がってきており、ハッキリ言って公務員試験は今が狙い目です。

 

もし、あなたが国家公務員採用一般職試験に興味を持ち、受験しようと考えているなら、この記事が必ず役に立つと確信しています。

頑張りましょう。

コメント