MT4を24時間安定稼働させる環境とは?~ミニPCとVPSを比較~

ミニPCかVPSか

 

そろそろMT4を安定稼働させる環境を整えようと考えています。

現状は、ノートPCの電源をつけっぱなしにしてMT4を稼働しています。

 

しかし、ずっとこのままというわけにはいきません。日常使うPCとの併用なので何かと不便です。

なにより、ノートPCは熱を持つので、冬の間は問題なくても、夏になれば熱暴走するかもしれません。

とても安定稼働できているとは言えません。

 

そこで今回の記事では、MT4を”24時間365日”安定稼働させる環境整備を検討してみます。

MT4が使える人気No.1FX業者
シストレするならMT4専用のVPS

ミニPCとVPSを徹底比較!

みんなはMT4の常時稼働をどうやって実現しているのでしょう?

ネットで調べてみると、どうやら「ミニPC派」と「VPS契約派」がいるようです。

それぞれのメリット・デメリットを調べてみました。

 

ミニPC派

スティックPCなどのミニPCを用意してMT4専用機にする方法です。

 

MT4専用のミニPCにすれば、日常使うPCが解放されるほか、以下のようなメリットがあります。

まず、本体価格が安いです。ノートPCよりもはるかに安く、だいたい2万円ほどで買えます。

ミニPCは、省電力で低発熱のCPUに、巨大なヒートシンクをかぶせ、あと構造そのものがシンプルなので、火災の心配も少なく、電気代は月数十円しかかからないなど、常時稼働向きです。

また、本体が小さく、最初にMT4を設定すれば、その後はモニターも必要ないので、省スペースです。

 

ミニPCの最大の弱点は停電と再起動でしょう。

もしトレード手法が、秒や分単位でトレードするスキャルピングだと、停電は致命的な問題です。

Windowsアップデートなどによる再起動も同様です。

しかし、数日以上のスパンでトレードするスイングトレードの場合、システムが半日や1日停止するぐらいは大した問題ではないかもしれません。

 

おすすめミニPC

両機種とも、SSD64GBにメモリ4GBと、MT4を動かすPCとしては十分なスペックです。

HDMI端子があるので必要な時はTVに繋げることができます。だからモニターは不要です。

TVでYoutubeを見たりもできますよ♪

スティック型パソコン Compute Stick M1S (インテル Atom x5-Z8350/4GB/64GB/Win10 64Bit)

【SSD 64GB】【メモリ4GB】【Win 10 Pro搭載】【ブラケット】 skynew 小型パソコン ミニPC 静音 M2S (低電力AMD A6-1450/4GB/64GB/AMD Radeon HD8250/高速Wi-Fi&Bluetooth 4.0対応/USB 3.0/豊富なインターフェースを搭載)

VPS契約派

MT4用にWindowsのVPS(Virtual Private Server)を契約する方法です。

VPSとは、一台の物理的なサーバーコンピュータの中で、ソフトウェア上にいくつもの仮想サーバーを作り、ユーザーは仮想サーバーの一つを専有して自由に操作することができるというサービスです。

仮想サーバーにWindowsがインストールされたVPS業者と契約すれば、VPS業者のデーターセンター内に自分専用の仮想Winodwsデスクトップ環境を持つことができます。

この仮想Windowsデスクトップ環境に、MT4をインストールして稼働させるのです。

VPSのイメージ

 

VPSには、安定的に常時稼働できること、自宅PCは使わないので停電や火災を心配する必要がないこと、外出先からもアクセスできることなどのメリットがあります。

 

VPSのデメリットは、サーバーのメンテナンスを自分でしなければならず、ある程度のサーバーの知識と手間が必要なことですが、その程度なら大丈夫でしょう。

 

おすすめVPS業者1 『XM』

XMユーザーなら、以下の条件を2つとも満たせば無料でVPSを利用できます。

① 1ヶ月に5ロット(50万通貨)以上の取引があること

② 口座資金の合計が5000ドル(日本円なら約60万円)以上あること

条件を2つとも満たせなければ、利用料は月額28ドル(約3000円)かかります。

XMの口座開設はこちらから

 

おすすめVPS業者2 『GMOクラウド』

XMの無料条件を満たせない場合は、GMOクラウドがおすすめです。

GMOクラウドのVPSは、高速SSDを搭載した、初期費用無料で気軽に利用できる高性能WindowsサーバーVPSです。

価格、スペック、安定性、サポートなど、総合的にみて非常にコストパフォーマンスが優れています。


まとめ

今回は、MT4を安定稼働させる環境として、「MT4専用のミニPC」と「VPS契約」を比較検討しました。

MT4専用のミニPCは、ノートPCに比べて、安価、省電力、低発熱、省スペースなどのメリットがあり、常時稼働向きです。

VPSは、安定的に常時稼働できること、自宅PCは使わないので停電や火災を心配する必要がないこと、外出先からもアクセスできることなどのメリットがあります。

 

どちらがの方がいいのか、もう少し検討してみます。


おすすめFX業者

もしあなたがMT4のリアル口座を検討中なら『XM』がおすすめです。『XM』は、豊富な入出金方法、24時間日本語サポート、レバレッジ888倍、お得なボーナスなどで、日本人の口座開設数No.1の海外FX業者です。スマホ版MT4でもPCやMacと同じ口座で取引できます。

XMの口座開設はこちらから

MT4環境構築

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント