簿記2級の取扱説明書|なる方法、将来性、求人、業務内容、他資格へステップアップ

 

「日商簿記2級(簿記2級)」に興味がある方、受験勉強中の方、合格したが資格をどう生かそうか悩んでいる方などなど、そんなあなたに必ず役立つ情報を集めてみました。

 

簿記2級とは

「簿記」とは、帳簿に財産の増減や売買に関する録をつけることです。

 

さまざまな機関(全経、全商、日ビなど)が簿記検定を実施していますが、ここでは、もっともメジャーで社会的評価の高い日商簿記検定について説明します。

日商簿記検定には、1級、2級、3級および初級の4区分があります。

そのうちもっともオススメなのが、日商簿記2級(簿記2級)で、毎年約20万人が受験する”超”人気資格です。

 

簿記2級をとる方法

試験は毎年3回(6月、11月、2月)行われます。

合格ラインは、100点満点中の70点以上です。

合格率は、幅はありますが、だいたい30%ぐらいの回が多いようです。

難易度は、それほど難しくはないです。

試験での出題パターンがほぼ決まっているので、過去問対策等を1ヶ月しっかりやれば、独学で十分合格できます

たったこれだけ!簿記2級の独学攻略法
3級取得者でも新たに勉強することはたくさんあります。短期攻略のためのやるべきことしかやらない「超効率的な勉強法」を紹介します。この勉強法を使えば、忙しい社会人(3級受験経験あり)を想定した場合、1ヶ月=40~50時間あれば、十分に合格できます。

 

簿記2級の将来性

簿記2級は、ビジネス系資格分野において、現在も人気資格ですが、将来も盤石でしょう。

日本は人口減少社会に突入したと言われていますが、その一方でベンチャーなどの起業数はむしろ増加傾向にあります。

会社の数だけ経理部門があるわけですから、経理部門の人材は、将来的にも安定した需要が見込まれます。

会社の財務担当者に必須の資格と言われる簿記2級は、非常に将来性の高い資格だと言えます。

 

求人状況

簿記2級は、経営管理に役立つ知識として、最も会社に求められる資格の一つだと言われています。

あらゆる会社から求められる技能であり、業種によっては応募の必須条件にしているところも少なくありません。

会計事務所や税理士事務所、金融機関、商社など幅広い分野で活躍することが可能です。

 

平成30年11月〇日にハローワークインターネットサービスで調べたところ、簿記2級取得者の求人は1934件ありました。

そのほとんどが正社員としての募集です。

会社によっては、簿記2級以上の資格保有者に資格手当を支給しているケースもあります

 

具体的な業務内容例

以下は、税務会計スタッフや経理事務スタッフとしての、一般的な業務内容例です。

  • 税務会計業務
  • 税務調査業務
  • 決算書の作成や作成補助
  • 経営コンサルティング

 

他資格へステップアップ

簿記2級は、多くの資格と関連性が高く、組み合わせて資格を取得することでステップアップが可能です。

簿記1級を目指すのもいいですが、私は、簿記2級で学習した知識を生かした以下のようなステップアップをおすすめします。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)にステップアップ

FPは、人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を、一緒に考えサポートする専門家です。

金融業界や不動産業界では、仕事に直結するため、資格取得者が求められています。

FPには、国家検定のFP技能士(1~3級)、日本FP協会が認定するAFPとCFPがあり、FP技能士3級から順次ステップアップしていくことができます。

実は、簿記2級で学習した知識は、FP試験で学習するタックスプランニング(法人税法や所得税法など)の学習において大きなアドバンテージになるのです。

したがって、他の受験生よりも断然有利な位置から試験勉強をスタートできます。

 

建設業経理士にステップアップ

建設業経理士は、㈶建設業振興基金が実施する経理試験です。

2級以上の合格者は、公共工事の入札可否判断の資料となる経営事項審査で評価されるため、建設業界で重宝されます。

建設業経理検定には1級から4級まであるのですが、各級の難易度は、日商簿記のそれよりも低いです。

しかも、建設業経理士検定の試験内容は、建設業会計以外の分野は日商簿記検定にほぼ準じているのです。

したがって、他の受験生よりも断然有利な位置から受験勉強をスタートできます。

 

税理士にステップアップ

税理士は、税金のプロフェッショナルです。

税務書類の作成や税のアドバイスは税理士だけに許された独占業務です。

会社も個人も顧客になるので、市場規模はとにかく広く、開業税理士・勤務税理士のいずれであっても高収入が望めます。

難関資格の税理士ですが、実は、簿記2級で学習した知識は、税理士試験のほぼすべての科目に役立ち、特に「簿記論」や「財務諸表論」の学習において大きなアドバンテージになるのです。

したがって、他の受験生よりも断然有利な位置から受験勉強をスタートできます。

 

公認会計士にステップアップ

公認会計士は、財務経理部門の最高峰の資格です。

公認会計士には「財務諸表監査」という独占業務があります。

上場企業や公益団体はこの監査を受けなければならないため、安定的に仕事があり、公認会計士には景気に左右されない安定性があります。

難関資格の公認会計士ですが、実は、簿記2級で学習した知識は、公認会計士の試験科目「財務会計論」や「管理会計論」の学習において大きなアドバンテージになるのです。

したがって、他の受験生よりも断然有利な位置から受験勉強をスタートできます。

 

不動産鑑定士にステップアップ

「不動産鑑定士」は、不動産の適正な価格を判断できる唯一の国家資格であり、不動産系資格の最高峰です。

数ある難関資格の中でも、不動産鑑定士は、司法試験、公認会計士とともに「国家三大資格」と呼ばれるステータスの高い資格です。

不動産鑑定士の魅力の一つとして、定期的に地価公示などの公的機関からの仕事があります。好不況に左右されない安定性があります。

難関資格の不動産鑑定士ですが、実は、簿記2級で学習した知識は、不動産鑑定士の試験科目「会計学」の学習において大きなアドバンテージになるのです。

したがって、他の受験生よりも断然有利な位置から受験勉強をスタートできます。

今が狙い目!不動産鑑定士の超効率的な勉強法
私自身の反省点を踏まえた不動産鑑定士試験の「超!効率的な攻略法」を紹介します。とことん無駄を省き、やるべきことしかやりません。私は、専門学校を利用して、3年かけて合格しましたが、3年はかかりすぎたと反省しています。どうか、無駄に時間やコストをかけた間違った勉強法をしないでください。

 

まとめ

簿記2級は、あらゆる会社で求められる技能であり、業種によっては応募の必須条件にしているところも少なくありません。

将来的にも、非常に有望な資格です。

 

また、他資格へステップアップすることも可能です。

多くの資格と関連性が高い簿記2級ですが、特に、簿記2級で学習した知識が大きなアドバンテージになる「FP」「建設業経理士」「税理士」「公認会計士」「不動産鑑定士」は、他の受験生よりも断然有利な位置から受験勉強をスタートできます。

 

簿記2級は、就職活動や転職活動の武器として、社内でのキャリアアップや資格手当目的で、さらには他の資格へのステップアップを図るためにも、取得する価値のある資格であると言えます。

コメント