MT4のはじめ方~ヒストリカルデータ取得からバックテストのやり方~

バックテストのやり方

 

MT4(MetaTrader4)をこれから始めようとする方を対象に記事を書いています。

この記事では、サンプルEA(Expert Advisor)を使ったバックテストのやり方を解説します。

事前準備として「最大バー数の設定」と「ヒストリカルデータの取得」を行ってから、サンプルEAを走らせて「バックテスト」をする、という流れです。

字面からは、なんだか難しそうに見えるかもしれませんが、ほんとに簡単ですから、ぜひ挑戦してみてください。

 

MT4が使える人気No.1FX業者
シストレするならMT4専用のVPS

チャートの最大バー数の設定

まずは、チャートの最大バー数を増やして、長期間のバックテストを行えるようにします。

「ツール」→「オプション」→「チャート」タブと選んでいきます。

チャートの最大バー数の設定その1

 

チャートタブの中の「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」に、「9」を打てるだけ打って「OK」をクリックします。

チャートの最大バー数の設定その2

 

最大バー数が増えたかどうか確認するため、もう一度、チャートタブを開きます。

最大バー数は、どちらも「2147483647」になっていればOKです。

チャートの最大バー数の設定その3

 

以上で、チャートの最大バー数の設定は完了です。

 

ヒストリカルデータの取得

次は、ヒストリカルデータを取得します。

 

多くのFX業者がMT4のヒストリカルデータを提供していますが、ここでは、一番かんたんな方法を解説します。

MT4の開発元である「MetaQuotes Software社」のヒストリカルデータを取得します。

 

ためしに、豪ドル加ドル(AUD/CAD)のヒストリカルデータを取得してみます。

「ツール」→「ヒストリーセンター」を選ぶとヒストリーセンターが開きます。

ヒストリーセンター左側の「通貨ペア」の「Forex」→「AUDCAD」と選んでいきます。

「ダウンロード」をクリックします。

ヒストリカルデータ取得その1

 

すると、「ダウンロードアラート」のポップアップウィンドウが開きますので、「OK」をクリックします。

ヒストリカルデータ取得その2

 

データ量が多いので、少し時間がかかります。

ダウンロードが完了したらすべての時間足をクリックして見てください。

どの時間足も、データベースを下にスクロールしていくと、一番古いデータが2000年以前のものになっていればOKです。

※データ量は通貨ペアによって差があります。例えば、AUD/CADなら1993年から、EUR/USDやUSD/JPYなら1971年からです。

ヒストリカルデータ取得その3

 

これで、「AUD/CAD」の全時間足のヒストリカルデータが取得できました。

他の通貨ペアのヒストリカルデータも、同じ方法で取得できます。

 

バックテスト

いよいよバックテストです。

MT4の「ストラテジーテスター」ボタンをクリックします。

ストラテジーテスターその1

 

画面下段に「テスター」が開きますので、以下のとおり設定してください。

①「エキスパートアドバイザー」は、「MACD Sample.ex4」と「Moving Average.ex4」の2つあります。ここでは「MACD Sample.ex4」を選びます。

②「通貨ペア」は、先ほどヒストリカルデータを取得した「AUDCAD」を選びます。

③「モデル」は、一番精度の高いバックテストができる「全ティック」を選びます。

④「期間を指定」にチェックを入れ、開始日を「2017.10.01」、終了日を「2018.09.30」にします。
※「期間を指定」にチェックを入れなければ、データのある全期間のバックテストをやってしまい、時間がかかってしまいます。
※「MetaQuotes Software社」の2000年以前のデータは抜けが多いので、2000年以降に期間を指定しましょう。

他の項目は、今回はそのままでいいです。

 

「スタート」を押せば、バックテストが始まります。

ストラテジーテスターその2

 

「グラフタブ」を開けば、バックテストの資産状況がリアルタイムで見れます。

MACDサンプルのバックテスト

 

終わったら、「レポートタブ」を開いてみましょう。

モデリング品質が「90%」、不整合チャートエラーが「0」になっていれば、OKです。

レポートの精度チェック

 

バックテストが無事に終わりました。

通貨ペアや時間足をいろいろ組み替えて試してみましょう。

 

あと、バックテスト結果の詳細を保存することができます。

「レポート」タブ内のどこでもいいので右クリックし、「レポートの保存」をクリックします。

レポートの保存

 

ブラウザにレポートが表示されるので、ブラウザのメニューから保存できます。

 

おしまい

MT4の初心者を対象に、「最大バー数の設定」、「ヒストリカルデータの取得」から、「バックテスト」のやり方まで解説しました。

ほんとに簡単ですから、ぜひ挑戦してみましょう。

 

FXトレーダーにとって、MT4はものすごく便利で強力なツールですから、ぜひ使いこなして勝てるトレーダーになってください。

まずは、デモ口座でいろいろさわり倒してみましょう。

 

⇒「最強FXツールMT4のはじめ方のまとめ」にもどる

MT4のはじめ方

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、決して投資行動を勧誘・助言するものではありません。
投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。
また、個々の取引において生じたいかなる損失についても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

Startup!

コメント