たったの半年!トリプルライセンス(宅建士・マン管・菅業)の独学攻略法

トリプルライセンス

 

『宅地建物取引士』『マンション管理士』『管理業務主任者』のトリプルライセンスは、そのいずれもが不動産分野の人気資格です。

事実、これらの試験には、毎年多くの受験生が集まります。

 

半年でトリプルライセンスを取得しよう!

この記事は、もしあなたが、これらのトリプルライセンスに興味があるなら、「たったの半年で一気に取得してみませんか!?」という提案です。

 

アラフィフの異業種のリーマンである私が、トリプル受験し、たったの半年の対策でトリプル合格した実績に基づく提案です。

 

見事達成すれば、同じ分野の資格を3つも持っている人は希少ですから、就職・転職活動において、その分野のスペシャリストであるとアピールできます。

あなたのキャリアアップに役立つはずです!

 

トリプルライセンスの試験情報

試験日程

  • 宅建試験:年1回、通常10月の第3日曜日
  • マン管試験:年1回、通常11月の最終日曜日
  • 管業試験:年1回、通常12月の第1日曜日

※詳細な試験日程は公式サイトを参照してください。

試験型式

トリプルライセンスの試験型式はまったく同じです。

  • 全問マークシート方式(4肢択一式)
  • 問題数は計50問
  • 試験時間は2時間

 

トリプル受験をおすすめする理由

理由①:難易度的には十分可能

難易度でいえば、一番難しいのがマン管で、一番やさしいのが菅業になります。

つまり、難易度順に並べると、

マン管 > 宅建士 > 菅業

です。

とはいっても、一番難しいマン管でさえ、初心者が独学で攻略できるレベルです。

事実、アラフィフの異業種のリーマンである私でさえ独学で攻略できましたv

 

理由②:試験日程がいい感じにズレている

各試験の日程に絶妙な間隔があり、試験日程がちょうどいい感じにズレています

最初の宅建試験から次のマンション管理士試験まで、およそ1ヶ月強の期間があるので、この期間をうまく使うことができればトリプル合格も十分可能です。

 

理由③:多くの出題科目が重なっている

トリプルライセンスは多くの出題科目が重なっています

具体的には、「民法」「借地借家法」「不動産登記法」「区分所有法」「宅建業法」「都市計画法」「建築基準法」などは、3試験すべてで出題されます。

重なっている科目は、ざっと50問中15~25問ほどあります。

 

また、マン管試験と管業試験の主要な出題科目である「マンション管理適正化法」は、宅建試験の主要な出題科目である「宅建業法」とよく似ているので、少しの違いを覚えればいいだけです。

 

これだけ試験内容が似ていれば、宅建試験の勉強をすれば、同時にマン管試験と管業試験の勉強もしていることになるので、トリプル受験しけなければ損です!

 

超!効率的な勉強法

勉強法は、各試験ごとの記事で詳しく紹介していますので、ぜひそちらの記事をご覧ください。

たったこれだけ!宅建士の独学攻略法|2019版
宅建試験を短期攻略するためには効率良く勉強する必要があります。やるべきことしかやらない超!効率的な勉強法なら、忙しい社会人でも3ヶ月=130~170時間あれば、十分に合格できます。受験生の属性(学生、主婦など)次第では更なる短期合格も可能です。
たったこれだけ!マンション管理士試験の独学攻略法|2019版
マンション管理に関する幅広く深い知識が問われます。私自身が実践した、短期攻略するためのやるべきことしかやらない”超!効率的な勉強法”を紹介します。この勉強法を使えば、忙しい社会人でも、長くとも5ヶ月=210~270時間あれば十分合格できます。
たったこれだけ!管理業務主任者試験の独学攻略法|2019版
”やさしい”試験とは言え、マンション管理に関する幅広く深い知識が問われます。私が実践した短期攻略するための”超!効率的な勉強法”を紹介します。この勉強法を使えば、忙しい社会人を想定しても2ヶ月=90~120時間あれば十分合格できます。

 

ここからは、トリプル受験するための、やるべきことしかやらない”超!効率的な勉強法”を紹介します。

 

受験スケジュール(全体)

一番のキモはスケジュール設定です。

トリプルライセンスは、無駄なく効率的に時間を使ってはじめて可能になります。

 

試験に合格するために必要な勉強時間は、一般に、宅建士で200~300時間程度、マン管で600~700時間程度、菅業で200~300時間程度と言われています。

 

一方、私が提案するトリプル受験で必要な勉強期間は、宅建士試験、マン管試験、管業試験のすべて合わせて、たったの半年です。

半年とは、7月から12月までの期間です。

まず宅建士の受験勉強を始め、10月から12月まで宅建士、マン管、菅業の順に受験します。

翌1月には、すべての合格発表が終わり、無事トリプルライセンスをゲットしている予定、ということです。

7月初旬 受験申込み(宅建士)
7月半ば 宅建試験の勉強開始(勉強期間は約3ヶ月)
9月初旬 受験申込み(マン管、菅業)
10月第3週 本試験(宅建士)
宅建試験後 マン管と管業の勉強開始(勉強期間は1ヶ月強)
11月最終週 本試験(マン管)
12月第1週 本試験(菅業)
12月初旬 合格発表(宅建士)
1月半ば 合格発表(マン管、菅業)

 

試験別の勉強スケジュール(試験別)

宅建士の勉強

7月半ばから10月第3週までの約3ヶ月間は、ひたすら宅建試験の勉強をします。

マン管と管業の勉強

10月第3週から11月最終週までの約1ヶ月強の期間は、マン管と管業の試験勉強をします。

約1ヶ月強しかありませんが、やるべきことだけに絞れば十分間に合います。

というのも、宅建試験の勉強を完了しているので、この時期はすでにマン管試験と管業試験の勉強の30~50%が終わっていますから。

1ヶ月強を無駄なく効率的に使うスケジュール

1ヶ月強を無駄なく効率的に使うスケジュールは、だいたいこんな感じになります。

  1. 最初の2週間は、テキストの読み込み(インプット学習)。ただし、宅建試験とかぶる範囲は読まない
  2. 次の3週間は、難易度の高いマン管試験の過去問を繰り返す(アウトプット)。難易度の低い菅業試験の過去問は後半に少しだけやる
  3. 直前の1週間弱は、過去問の間違ったところだけ復習する。

 

まとめ

以上が、『宅地建物取引士』『マンション管理士』『管理業務主任者』のトリプルライセンス取得のための、やるべきことしかやらない”超!効率的な勉強法”です。

まとめると、こんな感じです。

  1. トリプル受験は、スケジュール設定がキモ。
  2. 7月半ばから10月第3週までの約3ヶ月間は、ひたすら宅建試験の勉強をする。
  3. 10月第3週から11月最終週までの約1ヶ月強の期間が勝負。マン管と管業の試験勉強を、以下のように無駄なく効率的に使う。
    • 最初の2週間は、テキストの読み込み(インプット学習)。ただし、宅建試験とかぶる範囲は読まない。
    • 次の3週間は、難易度の高いマン管試験の過去問を繰り返す(アウトプット)。難易度の低い菅業試験の過去問は後半に少しだけやる。
    • 直前の1週間弱は、過去問の間違ったところだけ復習する。

 

あなたがトリプルライセンスに興味を持っているなら、この記事が必ず役に立つと確信しています。

頑張りましょう!

 

おすすめ情報

受験勉強は辛いので、受験生は、あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の効率を低下させてしまいがちです。こうした負の心理になってしまう原因や解決方法は、心理学が教えてくれます。

【保存版】受験勉強に絶対役立つ心理効果8選【資格試験】
資格試験、大学や高校受験など受験生にとって一番の敵は「自分の心理」です。あせり、不安、やる気が出ないなどの負の心理にはまってしまい、受験勉強の効率を低下させてしまうからです。こうした負の心理になってしまう原因や解決方法は、心理学が教えてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました